竹島は日本固有の領土

2008/07/17

竹島領有問題。韓国側の根拠を論破する

日本政府と外務省は、一貫して竹島を取り返す気はないようだ。それだけはブレていない。「韓国と事を荒立てない」ことが外交の至上命題であるならば、学習指導要綱の解説書に記述するだけでも「日韓外交の後退」ということになる。情けない話だが。安倍政権からの懸案でもあるし、「記述するくらいいいよね、『日本の領土』とは書かないよ~」「政府は公に誰ひとり『竹島は日本固有の領土』と口が裂けても言わないのは、お約束だよ~」

案の定、韓国世論に火を付けちゃったけど、これは想定の範囲内。首相は夏休みでやり逃げ。w
福田首相「あとは官房長官にお任せ。李明博大統領は、せいぜい支持率稼ぎに竹島の実行支配を強化してね」というところじゃない?

まあ、それが未来志向の現実的対応というわけか。
しかし、「日韓関係が傷つくと拉致などの懸案事項の協力が進まなくなる」といった進行中の課題を言い出せば、キリがない。永遠に外交問題は存在し、課題はあり続ける。そもそも「弱気をくじき強者にへつらう」韓国は何一つアテにならない。

今世紀中に「領土問題」として交渉のテーブルに乗ることはあるのだろうか。今世紀中に朝鮮半島が無事であれば・・・の話。武力衝突を避けなければならない日本は、国際法廷に持ち込むしかない。

政府も学校も竹島領土問題に踏み込めないなら、日本人としてきちんと子供には教えようではないか。恐ろしいことに日本人は無関心な人が多く、「あんなに韓国が自分の物だと言っているんだから、韓国のものじゃないの?」という大人もいるのだ。

残念ながら私には子供がいないが、ブログでほそぼそと訴えよう。

竹島が韓国領であるとする「韓国側の根拠」を論破する。

日韓友好にとってまさに「のどに刺さったトゲ」 竹島問題の基礎知識
辻 雅之氏が経緯と解決策の提示をしている。

(一部引用)
李承晩ラインと竹島の韓国による「占拠」

1951年に調印され、翌年発効した太平洋戦争の講和条約であるサンフランシスコ平和条約には、こうあります。

サンフランシスコ平和条約 第2条(a)
日本国は、朝鮮の独立を承認して、済州島、巨文島及び欝陵島を含む朝鮮に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する。

これをみると、竹島(独島)は入ってませんから、竹島は日本領として残った、と素直に解釈することができます。

もっともこの条約には、韓国は参加していません。それもそのはずで、韓国は日本の植民地で、戦争していたわけではないわけですから。

さて、そんななか、韓国の初代大統領李承晩(イ・イスマン)は、1952年、一方的に韓国領海を決めてしまいます。これが「李承晩ライン」とよばれるもので、このライン内に竹島がすっぽり入ってしまい、韓国が公式に初めて「竹島は韓国領」と主張することになったのです。

サンフランシスコ平和条約だけでは根拠として弱い。

竹島問題に関心のある方達にはご承知のとおり、韓国側は古代文書まで引っ張り出してきて領有を主張してきている。①古代文書で日本が引き下がらないなら②徳川綱吉将軍のお墨付きの証拠、それでだめなら③「日本の植民地政策(保護国)で領有権を奪われていただけだ。植民地解放によって韓国が取り戻すのは当然」と言う。それでだめなら④独島資料館でデータ捏造も辞さず。

過去ログを探してきた。
不十分ではあるが、参照用にリンクしておく。
まだあったと思うんだけど、書いた本人が忘れた。きちんとジャンル分けしておけばよかった。

竹島が日本の領土である根拠は?
■(朝鮮日報)「竹島は江原道に属す」 日本の17世紀文書公開

竹島が日本の領土である根拠(まとめ)
■日韓の対立点

竹島が日本の領土である根拠(補足)
■竹島 韓国につけ入るスキを与えた江戸幕府の「致命的なミス」山本皓一氏
「松島」を竹島とした明治政府の詭弁が残した禍根

島根県が設ける竹島問題研究会もがんばっている。

竹島問題研究会
■山陰中央新報「竹島問題研究会が中間取りまとめ」

一方、今後の調査・研究テーマとしては▽安龍福▽朝鮮王朝実録▽サンフランシスコ講和条約後の日韓会談での竹島の扱い―など十一項目を抽出。小、中、高校で使う副教材の作成も試みる。

すばらしい。全国の学校も共同で研究したらいい。

あと、このような貴重な資料も発掘されている。
韓国側は、根拠として弱点のサンフランシスコ条約に「独島」が抜けているので、米国に「独島も入れろ」と迫っている。

アメリカが「竹島は日本領」と、韓国大使に最終回答 enjoyKoreaより
oppekepe7 | 2006.05.28 02:41:41 

注;この文書自体は1994年の塚本孝氏の論文にて紹介されています(韓国では未発見というか見えないnidaぽいですがw)。本文の訳も塚本氏のものです。

1951年7月19日 韓国大使(ヤン)から国務長官への書簡。

一、大韓民国政府は、第二条a項の「放棄する」という語を、「朝鮮ならびに済州島、巨文鳥、欝陸島、ドク島およびパラン島を含む日本による朝鮮の併合前に朝鮮の一郡であった島々に対するすべての権利、権原および請求権を、一九四五年八月九日に放棄したことを確認する」と置き換えるよう要望する。

韓国側の強引な力わざに対するアメリカ側の回答。

1951年8月10日 国務次官補(ラスク)から韓国大使への回答

草案第2条(a)を日本が「朝鮮並びに済州島、巨文島、鬱陵島、ドク島及びパラン島を含む日本による朝鮮の併合前に朝鮮の一部であった島々に対するすべての権利、権原及び請求権を、1945年8月9日に放棄したことを確認する」と改訂するという韓国政府の要望に関しては、合衆国政府は、遺憾ながら当該提案にかかる修正に賛同することができません。

合衆国政府は、1945年8月9日の日本によるポツダム宣言受諾が同宣言で取り扱われた地域に対する日本の正式ないし最終的な主権放棄を構成するという理論を条約がとるべきだとは思いません。

ドク島、又は竹島ないしリアンクール岩として知られる島に関しては、この通常無人島である岩島は、我々の情報によれば朝鮮の一部として取り扱われたことが決してなく、1905年頃から日本の島根県隠岐支庁の管轄下にあります。この島は、かつて朝鮮によって領土主張がなされたとは思われません。

Takesima1 Takesima2 Takesima3 Takesima4










韓国さん、自分で「無主地」政策とっておいていまさらよく言うわ、と米国側は答えているわけね。(笑)

◆人気blogランキングへ◆ 
歴史認識問題は、中韓は政治問題。日本は学術的研究課題。アプローチの方法が違うのだから話し合いが成り立たない。顔をつきあわせて日本が根拠を示しても「なぜわかってくれないのか」と泣きわめくだけ。論破するには、相手も同程度のレベルじゃないと・・・。日本政府じゃなくとも適当にあしらっておきたくなるわね。腹立つけど。

うp「五輪開催地青島市、原因不明の伝染病蔓延か。ただし大紀元ソース

※トラックバックは承認制です。

| | トラックバック (1)