« 2016年5月 | トップページ

2016年6月

2016年6月28日 (火)

地球人類史の謎が解けていく。

古代史を深掘りしていくうち、とうとう宇宙人に行き着いてしまって、今では常識になってしまいました←わたくしの中では。

ユーチューブなどで「衝撃」とか「閲覧注意」の宇宙人情報を眺めながら、情報遅れてる~♪なんて突っ込み入れている自分のほうが衝撃です。
神棚に向かい、「あまてらすおほみかみあまてらすおほみかみ」「天神地祇八百万の神々様」と呼びかけていたのが、「クリエイター様」「宇宙連合の神々様」「シリウスのイズニュ星人様」「プレアディアンプレアディアン」と目をキラキラ星にしながら手を合わせているのですから、氏神様もびっくりです。

榊に寄られる氏神様は人霊ではなく、その土地の自然霊なので、蛇や竜神や緑の大カエル、どでかい芋虫などがついつい頭に浮かびます。ムーなどでスカイフィッシュと呼ばれているアレです。神棚の水玉では 長物 が泳いだりするそうですよ。つまり蛇・・・。ちょっと想像したくないんですけど。

でも竜神様(水神)は大好きです。何か予定を立てると必ず雨、晴れている日を狙って「きょうこそ!」と少し遠い神社に出かけると、着いたとたんに土砂降り、晴れているのに目的地周辺に黒雲がわいてきて、着いたとたん降り出す、毎回ですよ。自分の心がけが悪いのだと落ち込みながらも「絶対狙い撃ちしてるだろー!」と腹が立ったものです。

そこで雨女の悩みをネットで調べているうち、これは龍神様に愛されているのだと確信しました。
そうするとがぜん龍神様がいとおしく、水の流れを見るたびに龍神様に感謝しています。そしてついでのように「ちょっとお手柔らかに、出かける時は雨は降らさないでね」と軽~く思ったんです。

すると!!!出かける時は いつでも快晴。。。。。。。。。マジです。

竜神様、愛してます。

゚・*:.。..。.:*・゚゚゚・*:.。..。.:*・゚

今はまっているサイトです。本10冊分以上あるんじゃない?というくらい重くて長くてスマホで読むのは大変ですが、今まで断片的に知り得た内容を補強して、謎が面白いように解けていきます。

ProjectVega 地球人のルーツ

宇宙人に興味のない方にも読んでほしいです。
ノアの箱船の時のように、「洪水?んなバカな」と笑われても、ノアは神の指示に従って巨大な船を造りました。今は何の危機感もなくても、時間が加速しているので、「その時」はあっという間に来ます。早く早く浄化というか進化、つまり次元上昇に備えなければいけません。いっせいに宇宙のほうからメッセージが来ているようです。

あーなんかすっかりスピリチュアルな人になってしまったかしら。でもね、客観的にいろんな人の本やブログなどを見ているうちに、直感的に真贋は見分けられるようになりました。一番間違っていると思うのは、単純にユダヤを一括りにして悪口を言っている人達ですね。

善悪二元論では語れないところに真実は潜んでいます。

| | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

ひふみ祝詞 あわの歌 言霊・音霊

当ブログの検索フレーズランキング「1位:ひぃふぅ ヘブライ」

おっ?ちょうど ひふみ祝詞について書きたいと思っていたところなので、まさに「偶然は神」by竹内睦泰氏 ですね。
ちなみに ひぃふぅみぃ…がヘブライ語だとはちっとも知らなかったので、検索して来られた方には空振りでごめんなさい。

どういう意味?と検索してみました。

日月神示に登場する不思議なパワーに溢れたひふみ祝詞

古代ヘブライ語で、HI・FA・MI・YO・TSIA・MA・NANE・Y・KAKHENA・TAWO というと、「誰がその麗し女を出だすのやら、いざないにいかなる言葉をかけるやら」 という意味になるとか。

天照太神が天岩戸にお隠れになった時、出てきていただくように皆が詠み上げた祈祷文だそうです。

「ひふみ祝詞」が表とすると、裏に当たるのが「いろは祝詞」です。
どちらもありがたーい言霊であり音霊ですので、心して神様に捧げるようにします。意味は、もともとヘブライ語ということもあり、無理して訳すことはかえって失礼になるのかもしれません。いろは歌は、それなりに日本語になっていますけれど。

もう一つ「あわの歌」というホツマツタエ(古文書)に残る歌があります。

「アワのうた」の誕生

 天神6代目のオモタル(男神)とカシコネ(女神)の時に、両神(ふたかみ)は全国を巡って農業開発に努力しました。民の糧も豊かに、政事も行き届いた平和な国です。
 残念ながら世嗣子に恵まれず、死後国は再び乱れ無秩序な状態になっていました。
 そんな時、高天原(たかまがはら)から指名を受けた、タカヒト君(きみ)とイサコ姫はツクバのイサ宮で愛でたく結婚され、イサナギとイサナミとして即位し7代目の皇位を継承します。
 両神は先ず、葦原中国(アシハラナカクニ・滋賀)で、天神から引き継いだ矛(ほこ)をシンボルに生産力の落ちた農業を復活させます。同時に、国民の言葉が大層なまってお互い通じなくなったのを心配し正そうとされます。
 男神・女神は声を合わせ、カダガキ(楽器)をかき鳴らしながら、上 二十四音をイサナギが歌い、下 二十四音をイサナミが歌って音声の標準化を図り、農業普及と共に国の再建をしていきました。

あわの歌を詠むと、伊弉諾尊・伊弉冉尊が実在の王と后として、目の前に現れてくださる思いがします。

*************

元はヘブライ語らしいので、意味はわかりませんので、そのまま覚えましょう。メロディーを付けるとすぐに覚えることができます。私はお風呂の湯船の中で気持ちよく歌いながら覚えました。YouTubeで素敵な歌を見つけました。

あわの歌を歌う柏田ほずみさんは、28歳の時、喉の手術をした後にオペラ歌手になりました。彼女が歌うと、小鳥が集まり、光が降り注ぎ、鯨まで現れて目の前でダンスをします。マジです!スタッフは鯨なんて出てこないと半信半疑でしたが、彼女は来てくれると確信していたそうです。鯨のダイナミックな踊りに魅せられました。

あわの歌

あ か は な ま
い き ひ に み う く
ふ ぬ む え け
へ ね め お こ ほ の
も と ろ そ よ
を て れ せ ゑ つ る
す ゆ ん ち り
し ヰ た ら さ や わ




ひふみ祝詞

ひ ふ み
よ い む な や
こ と も ち ろ ら ね
し き る
ゆ ゐ つ わ ぬ
そ を た は く め か
う お え
に さ り へ て
の ま す あ せ ゑ ほ れ け ん

ひふみ祝詞 SHINTO (The Method of Harmonizing Fractal World in GOD)
写楽斎蔵




いろは祝詞


い ろ は に ほ へ と
ち り ぬ る を
わ か よ た れ そ
つ ね な ら む
う ゐ の お く や ま
け ふ こ え て
あ さ き ゆ め み し
ゑ ひ も せ す ん


色は匂へど 散りぬるを 我が世誰そ 常ならむ 有為の奥山 今日越えて 浅き夢見じ 酔ひもせず

これは「隅田川」のメロディーで歌うとピッタリです。祝詞は自分なりの節回しで、大きな声で天界に響かせるように詠じるものですが、神官のようにうまく詠み上げられない時は、ぜひ隅田川でお試し下さい。何か合うメロディーはないかな?と適当に歌っていたら、すぐこのメロディーが浮かんできました。

はるのうららの
すみだがわ
のぼりくだりの
ふなびとが
かいのしずくも
はなとちる
ながめをなにに
たとうべき

| | トラックバック (0)

オバマ大統領、歴史的な広島訪問。しかし中身は空虚

オバマ大統領広島演説(全文)(産経)
2016/5/27 広島市平和記念公園にて

歴史的な米国大統領の広島訪問なので、全文をコピーして残したいと思いましたが、やめました。日米の同盟強化と和解演出という点では大成功でしたが。

その日は日本人が日本人に感動した一日だったように思います。被爆者達のアンケートで「謝罪を求めない」が70%以上にのぼりました。そしてこの瞬間「日本被団協の坪井直代表委員の手を握りながら話にじっと耳を傾け、被爆米兵を調査してきた被爆者の森重昭さんをそっと抱き寄せた

20160530

生き残った被爆者は、日本人だけでなく、共に犠牲になった捕虜の若い米兵達も悼み、身元調査をすすめ、焼け野原の地に「米兵の墓」を建てました。近年、遺族にそのことを報告すると、遺族は絶句し、「日本によって名誉を与えてくださってありがとうございました」と涙ぐんでお礼を述べていました。日本人の崇高な精神性を見た思いでした。それにひきかえ特亜の2国ときたら・・腹が立つので無視。

アメリカ人-特に退役軍人にとっては、「卑劣な真珠湾攻撃」と「これ以上の戦死者を出さないため、戦争を終結させるための原爆投下は素晴らしいことだった」という認識で、この二つはセットになっています。だから、安倍首相に真珠湾に謝罪に来させたいのですね。しかし、本当に奇襲攻撃は卑劣だったのでしょうか。

真珠湾攻撃は、だまし討ちではなかった! (再)

「宣戦布告」というものは、右往左往して出すものではありません。

戦争前に宣戦布告を書面にして相手国に手交し、その後、戦端を開くなど、どこの国もやったことのない事例です。

それまでの世界の戦争慣例では、一発目をくらわせてから、自国の国民に向かって発表するのが 『 宣戦布告 』 の手続きだったのです。

日本も、真珠湾及びマレー半島の攻撃を開始した後、天皇陛下の名の元に宣戦布告 『 米英両国に対する宣戦の詔書 』 を大本営から出す手順がしっかりとあり、実際そのようになされました。

その文章は、歴史家の徳富蘇峰(とくとみそほう)が起草した立派なものでした。

この戦争の奥に潜むコミュニストの陰謀(政治の世界では陰謀は当たり前のこと)、差別主義、そして満州利権の山分けを狙っていた米国の大財閥の怒りといった背景は、ここでは胸にしまっておきます。戦争ありきで日本を追い込んだのはルーズベルト一派であったことは断言できます。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

感動的な一夜が明け、真珠湾を持ち出したトランプの顔を見て、すーっと冷静になってしまいました。そして改めてオバマ大統領の演説を読むと、素晴らしいと思ったはずなのにドッチラケでした。

(要点)

・空から死が舞い降りた。
↑自然災害か!?

・われわれは命を落とした10万人を超える日本の男女、子供、何千人もの朝鮮半島出身者、十数人の米国人捕虜を悼む。
↑「謝罪しろ!」と五月蝿い韓国人に配慮したつもりだったが、犠牲者は4万人いたという従来の韓国の主張の嘘がバレただけでした(笑)

・男性、女性、子供たちはわれわれと変わるところがない人たちだった。
↑当時、日本人は猿だと差別されてたからね。あの2発の原爆が人体実験だったことは明らか。被爆地に入ったアメリカ調査隊が被爆の綿密な調査記録を持ち帰り、日本には記録を残しませんでした。

・撃たれたり、殴られたり、連行されたり、爆弾を落とされたり、投獄されたり、飢えさせられたり、毒ガスを使われたりして死んだ。
↑産経の訳が間違っています。「連行」ではなく「行進させられ」です。さりげなく東京裁判史観から派生した反日史観を盛り込んでいます。「行進」が「死のバターン行進」を表していることはピンときました。別に虐待で歩かせたわけではなく、トラックもなく、日本兵も歩いたわけです。毒ガスにいたっては、証拠もなく捏造に近い731部隊のことをさしているのでしょう。

その後も長々と演説は続きますが、一見正論のようなきれい事の羅列。まあ、日米+「謝罪と賠償しろ」の韓国に配慮したという印象でした。

・広島と長崎の将来は、核戦争の夜明けとしてでなく、道徳的な目覚めの契機の場として知られるようになるだろう。そうした未来をわれわれは選び取る。
↑結局オバマさんの寿命が尽きても核兵器はなくならないそうです。少しは生きている間に反核運動でもして努力したらどうですか。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

どうでしょうか。その時は感動したはずでしたが、改めて読んで、その空虚さに胸がふさがれます。

日米の和解の一歩となった、米議会上下両院合同会議における「安倍首相の「戦後70年談話」全文 」をもう一度じっくり読んでください。議場の十数回に及ぶスタンディングオベーションが何を意味するか。米国への誠意が溢れていたと思います。そして硫黄島で戦った栗原中将の孫の新藤前総務相と米海兵隊の硫黄島戦生き残り中将が握手した場面は感動的でした。

両方を読んで、ふと気になったのは、安倍首相は「一千万人の戦死者」と言っているのに対し、オバマ大統領は

(正確を期すため米国大使館ホームページより該当箇所を引用)

広島、長崎で残酷な終結を迎えたあの世界大戦は、世界で最も豊かで最も力を持つ国同士の戦いでした。これらの国々の文明により、世界は素晴らしい都市と見事な芸術を得ることができました。これらの国々から生まれた思想家たちは、正義と調和と真実の思想を唱道しました。しかし、この戦争を生んだのは、最も素朴な部族の間で紛争の原因となったものと同じ、支配したいという基本的な本能でした。古くから繰り返されてきたことが、新たな制約を受けることなく、新たな能力によって増幅されました。わずか数年の間に、およそ6000万人の人々が亡くなることになりました。子どもを含む、私たちと同じ人々が弾丸を浴び、殴られ、行進させられ、爆撃され、投獄され、飢え、ガス室に送られて死んでいったのです。

第二次世界大戦の「数年の間に6000万人」が亡くなったと言っています。え!?もしかして1940年に造られたアウシュビッツ収容所のガス室やトータル600万人のユダヤ人犠牲者(実際はそんなにいない)もカウントしている?それにしても足りない、どこからその数字が出てきたのか不明です。

いずれにしても、日米がせっかく和解を演出したのだから、次の大統領にもその心を引き継いでもらいたいものです。(トランプなんかになったら無理そう)

| | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ