« HTC J バタフライに機種替えしました。 | トップページ | 日銀総裁に岩田規久男教授を! »

2013年2月 5日 (火)

足長神社、手長神社

私は国津神、特に出雲国から諏訪地方に勢力圏を築いた第二出雲王朝に心惹かれるものがあります。私の地元は大国主命を祀る神社が多いです。

諏訪地方では、建御名方命以前の太古の薫りを神社に感じることがあります。諏訪大社も本殿がなく、お山(古墳)を聖域として拝する形式であり、御柱を神の寄り代とするなど、原始宗教の継承を伺わせます。国家神道の決めた御祭神ではなく、地元の人達はミシャグジ様(土地の精霊)として信仰しています。

先日、諏訪市の足長神社、手長神社に参拝しました。戔嗚尊の妻・櫛稲田姫の父・母が御祭神ですが、まぁ、はっきりとはわかりません。手長神社上方には茶臼山古墳群、手長丘遺跡が発掘され、縄文時代の太古の空気を感じることができます。手長神社には多くの摂社・末社が鎮まり、白山宮もありました。

足長神社は小さな村の産土様という感じですが、拝殿、神楽殿の彫刻が素晴らしかったです。拝殿は天保13年(1842)、舞屋は文久2年(1862)建造。

足長神社(写真は本殿正面から撮ってはいけないそうです。木に触ってもだめ)

Asinagajinja

手長神社(写真をwikipediaより拝借)

Atenagajinja

|

« HTC J バタフライに機種替えしました。 | トップページ | 日銀総裁に岩田規久男教授を! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108393/56705488

この記事へのトラックバック一覧です: 足長神社、手長神社:

« HTC J バタフライに機種替えしました。 | トップページ | 日銀総裁に岩田規久男教授を! »