« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年3月

2012年3月13日 (火)

介護保険報酬改定は現場を無視した“お役所仕事”

介護分野で雇用創出なんて、あんな嘘をよく言えたもんだ。現場を知らないお役所のやることは姑息。

◆SYNODOSJOURNAL : 介護保険、報酬の抑制はせめて美しく ―― 改定で疲弊する現場 柳本文貴(NPO法人グレースケア機構代表)
http://bit.ly/x0dc18

訪問看護の単価は上がるのはせめてもの救いだが、くだらない手続き業務でケアマネさんの負担がふえる。一番の問題は人手不足。現場が病弊してしまう。

看護がおいつかず、私自身も看護師さんのかわりに膀胱洗浄もやってるが、春から保健施設の看護師さんの数が減らされる。
そこを減らしてどうする、厚労省!

| | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »