« 麻生氏を評価する自民党支持者は、アンチみんなの党。他 | トップページ | NHK世論調査以外は内閣支持率30%割れ »

2010年4月11日 (日)

アメリカにも官僚にも見棄てられた鳩

激怒というより、アメリカ側はクルポッポ-オジャワは亡きものとして扱う、と。次の政権まで寝て待つんじゃない?あちらは普天間継続使用で別に困らないし。

米激怒「まるでわかっていない!」鳩山&小沢体制に見切り
2010.04.10

日米関係が危機的状況を迎えている。普天間移設問題を打開する突破口として期待された鳩山由紀夫首相とオバマ大統領との日米首脳会談が拒否され、民主党の小沢一郎幹事長が検討していたGW中の訪米も見送られることに。このため、永田町周辺では「米国は激怒している。鳩山-小沢体制に見切りをつけた」との見方も出ている。

 防衛省関係者に最近、普天間問題にかかわってきた元米政府高官から次のようなメールが入った。首相が「シュワブ陸上・徳之島案」を軸に、米側などと調整するよう閣僚らに指示したことを受けた内容だという。

 「鳩山チームはまるで分かっていない。日米同盟がどうなろうとも、この責任は回避できない。100%の責任を負わなくてはならない

 まさに警告。これと前後して、日米首脳会談の拒否が伝えられた。小沢氏も「二元外交になる」(小沢氏側近)としてGW訪米を中止したが、米側から正式な招待状が届かなかったという。

 元外務官僚でレバノン大使も務めた作家の天木直人氏は「現在の日米関係は異常というしかない」といい、こう続ける。

 「明らかに、米政府は現在の鳩山内閣に失望を感じている。首相と与党幹事長がともに相手にされないなど、かつてなかった。両国の意思疎通ができていない。完全決裂までは行かなくても、首相が示した5月末までに普天間問題を解決することは無理だろう」

 そもそも、首相が進める「シュワブ陸上・徳之島案」について、防衛省関係者は「ヘリ部隊は地上にいるときが最も脆弱で、陸上部隊と一体運用するのは軍事の常識であり、分散移転は論外。鳩山内閣にはそうした軍事上の基礎的知識がない」とあきれる。

 これを受けてか、岡田克也外相は9日、ルース駐日大使と外務省で会談したが、日米実務者協議の開始は先送りされた。

 日米外交筋はこういう。

 「米側は、日本の政治状況を正確に把握している。『政治とカネ』の問題や支持率などから、鳩山-小沢体制がそう長く持たない、安定していないとみているのだろう。オバマ大統領が首相や小沢氏と会い、普天間問題で拒否すれば、『米国が日本の政権を倒した』という印象を与えかねない。彼らは介錯人(=切腹に際して首をはねる人)になりたくないのだ」

防衛省からこんなリークが出るようでは、鳩は霞が関に見放されたね。
まさしく「死に体」。臓器移植はお早めに。たとえが不謹慎だけど、もはやいつ延命装置を外すかの時期に来ていると思う。延命装置がブサヨメディアのヨイショヨイショなのだけど、自称ジャーナリスト達がバカすぎて擁護になっていないのがイタイ。

外交防衛のアドバーザーに迎えたはずの岡本行夫氏は口を挟む余地なし?文藝春秋で辛辣に普天間問題を批判しているが。

岡本行夫氏はくるぽっぽ首相を痛烈に皮肉をかませている。
「常時駐留なき安保を主張する人達は、同盟の基盤は人間感情であることを理解していない。都合のいい時だけ米軍に戻ってくれと頼んでもムリだ。長年連れ添った妻に対してもうオマエノ顔は見たくないから出ていけ。しかしいいな、病気の時にはちゃんと看病に来るんだぞ」と言うがごとし。

続けて強烈な警告。
「日米安保体制からどちらのほうが大きな利益を受けているか。明らかに日本だ。かつてフィリピンが米軍の足元を見て基地使用料の値上げをふっかけた時、アメリカはいとも簡単にフィリピンから撤退した」「求められないところには駐留しない、防衛しない、これがアメリカの基本方針だ」

鳩がまたタイム誌に挑発発言
この時期に「米国の言いなりにはならない」と言うかね。日米合意を破って反米左翼の活動家の言いなりの首相なんて辺野古の海に沈めてしまいたい。反共産主義で手を結んだ安全保障条約をこの人はマジで反故にしたいらしい。

枝野大臣の特別会計に切り込む事業仕分けはそれなりに評価するが、もはや支持率アップの神通力は期待できないだろう。鰻の養殖事業予算まで仕分け対象に入っているんだって?庶民を敵に回しちゃダメでしょ。「子ども手当」を仕分けしてね。施設の子ども達だけでいいよ。

内閣支持率の世論調査はようやく30%を切るものがちらほら出てきた。
内閣支持率と政党支持率の合計が50%を切ると政権維持が危ないとか。先週くらいは約31%+約27%=58で、まだ安泰だった。鳩山-小沢が辞めるとまた上がるだろうね。いっそこのまま崖から落ちてちょうだい。

こんな政権を支持している層がまだいるなんて!戦後教育のひずみと言うにはあまりにも情けない。

お口直しに進次郎君の鋭い国会質問を。新人議員とは思えない。

開会日 : 2010年4月9日 (金)  会議名 : 安全保障委員会
小泉進次郎(自由民主党・改革クラブ)  9時 30分   31分



<メモ>
「たちあがれ日本」結党趣旨と綱領

 新党「たちあがれ日本」の結党趣旨、綱領の要旨は次の通り。
 【結党趣旨】
 一、第一の使命・打倒民主党 民主党のふがいない政権運営と選挙至上の内向き姿勢に国民は大きく失望している。自民党も過去のしがらみと決別できず、民主党批判の受け皿となりきれていない。政治の流れを変える「捨て石」となる決意をもって「打倒民主党」「参院与党過半数阻止」のために立ち上がった。
 一、第二の使命・日本復活 目指すのは「強靱(きょうじん)な経済」と「安心な社会」を両輪とする日本の復活。日本の良き伝統文化を守る安心社会を目指す。
 一、第三の使命・政界再編 政策を軸とする政界再編と国政全体での世代交代を同時に進める「橋渡し」の役目を果たす。

新党「たちあがれ日本」の政策綱領全文

 1、誇りある日本の文化と伝統、豊かな自然にはぐくまれた国土と環境、国民の生命・財産を守り、国際社会の一員としての責任を果たすため、自主憲法制定を目指す。
 2、国・地方が直面する財政危機を突破するため、あらゆる政策を総動員し、持続可能で透明性の高い信頼される行政の実現を目指す。
 3、安心社会の実現のために財源に裏打ちされた持続可能な社会保障制度と経済成長力強化と雇用の創造を目指す。
 4、経済と国民生活の基盤である、食料・水・エネルギー資源の確保に向け総合的な資源戦略を確立する。
 5、地球環境の保全、自然との共生に根ざした成長という21世紀の課題に正面から取り組み、世界最先端の環境型先進国家を目指す。
 6、一人ひとりの国民が国際社会で通用する道徳観と教養を身につけ、希望を持って働き、国や地域や家族を愛し、豊かな人生を得るための教育の振興を目指す。
 7、失われた政治への信頼を取り戻すために、「選挙のための政治」を峻拒(しゅんきょ)し、政治生命をかけて政策の実現を目指す。

◇日々是語草◇
将来の天皇陛下、幼稚園にご入園\(^O^)/

|

« 麻生氏を評価する自民党支持者は、アンチみんなの党。他 | トップページ | NHK世論調査以外は内閣支持率30%割れ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108393/48053418

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカにも官僚にも見棄てられた鳩:

« 麻生氏を評価する自民党支持者は、アンチみんなの党。他 | トップページ | NHK世論調査以外は内閣支持率30%割れ »