« 元風俗ライター友納尚子はモンスタージャーナリスト | トップページ | 真央ちゃん »

2010年3月21日 (日)

今度こそ?一石何鳥、普天間移設先は勝連沖(うるま市)

普天間基地移設先候補が幾つも浮かんでは消えていった。
岡田外相が「国外県外にするとはマニフェストに書いていない」と言ったからには、沖縄県内にするしかないということだ。ついでに「マニフェストを守るとはマニフェストには書いていない」と開き直ればよかったのに。すでに国民と民主党政権の間には冷たいすきま風が吹いているので、真反対にブレたところで驚かなくなっている。慣れってコワヒ・・

普天間移設先の検討委員会は、連休明けの23日には具体的な方向性をまとめるらしいが、当たるも八卦当たらぬも八卦、「これはイケルかも」と思った移設先を一つ。

週刊現代で、密かに平野官房長官が推し進める移設先がスクープされていた。

沖縄県うるま市の「勝連沖案」は、沖縄商工会議所名誉会長・太田範雄氏が計画し、昨年秋から政府内で検討してきたという。各方面の根回しも済んでいるそうだ。

小沢幹事長も昨秋に面会の上 納得してもらい、ようやく候補地としてニュースで報じられるようになったので、太田氏自身が説明する時が来たと考え、週刊現代のインタビューに応じたのだという。勝連沖埋め立て案は本命候補だったので、外に漏れないように厳重に取り扱われていた。国民新党のキャンプシュワブ陸上案が本命のように報じられていたが、陽動作戦だったわけである。最初から無理だとわかっている陸上案をなぜ政府は否定しないのだろうと私も思っていたのだけれど。たぶん日米合意どおりの辺野古案に落ち着くと想像していた。

<勝連沖案のメリット>

1,普天間と名護の中間に位置するうるま市の沖合に人工島を作る計画。海上埋め立てには実績がある。(1979年、宮城島沖の海上を埋め立て、石油備蓄基地を建設した)

2,この海域は珊瑚礁がすでに死滅しており、環境への影響が最小限。環境アセスメントも1年程度で済む。

3,勝連沖の海底は大変浅いので、建設自体は難しくない。移設に必要な基地建設ならわずか2年で完成できる。

4,普天間基地の海兵隊がこの案に賛同してくれている。名護市だと遠すぎるが、海上道路を造れば、現在の生活圏から通勤可能である。

5,人工島の最終的な目標は、沖縄経済の自立・発展に役立てたい。1000㌶もの人工島を作り、いずれ民間物流の拠点にする。また航空機の修繕場として活用し、沖縄経済の核にしたい。大きな雇用も創出できる。

6,計画では人工島の建設にはPFI方式――公共施設の建設・維持管理・運営等を民間の資金・技術を生かして行う方法を採用し、建設費用の約2兆円の大半を民間から調達する予定になっている。民間企業が出資し、代わりにそれらを軍が使用する際、国にリースとして貸し出すという形をとる。この方式によって、うるま市には国からの補償金に加え、法人税も確保する。

7,現在、ワーストクラスのうるま市の財政状況は、これによって大幅に改善される。平野長官サイドからの要請を受け、太田氏は、市議会関係者、地元漁協関係者などを中心に同意を取り付けるために奔走している。近いうちに「勝連沖案」が政府案として発表されるのではないか。ある政府高官から太田氏はそのような連絡を受けている、と。

8,人工島により騒音・墜落問題の解決が図られる。
──────────

太田氏の言うようにこんな素晴らしい案であるなら、なぜ自民党は検討しなかったのか。太田氏は十数年も前から計画していたそうだ。つまり移設案が持ち上がった頃からの計画。太田氏は自民党の有力議員らにこの案を提示したが、さまざまな利権やしがらみによって検討されなかったのだという。(久間や守屋の利権駆け引きを思い出す)

23日の検討委員会の結論がどう出るか。
県外・国外を選挙中に口約束し、沖縄県民に期待を持たせてしまった鳩山首相の軽い口を昨年中に塞いでおけば、沖縄県内でも説得しやすかったと思う。かえすがえすも社民党にすり寄る鳩山首相の沖縄県民の心を弄ぶような言動には怒りを感じる。

辺野古か勝連沖か、はたまた九州○県のびっくりカードが出てくるのか知らないが、いざ建設となった時には、社民党がうちわで扇ぐ反米市民プロ団体がまたテント村に張り込むのだろう。

基地問題が沖縄県内で決着した暁には、今までニタニタ薄ら笑いを浮かべながら「国外・県外」と言いふらしてきた鳩山首相に対し、沖縄県民の心を弄んだ責任を追及するべきだ。鳩山首相と社民党党首をクビにしろ。あ、いや、鳩・小沢のままのほうが参院選で野党が有利になるから、このままでいいや。ズルズル参院選にいってしまえー。

【追記】
あらら勝連沖案はいいと思ったんだけど、アウトだって。
困ったね、民主党さん。アメリカをマジで怒らせちゃったみたい。


(日経)米オバマ政権が米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、2006年に日米が合意した同県名護市辺野古沖に移す現行案の履行か、普天間の継続使用かの二者択一を日本に求める方針であることが20日、分かった。 http://bit.ly/di2Yh3

◇日々是語草◇
公邸を私的利用し、韓国俳優とデートするミユキ夫人

|

« 元風俗ライター友納尚子はモンスタージャーナリスト | トップページ | 真央ちゃん »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108393/47864860

この記事へのトラックバック一覧です: 今度こそ?一石何鳥、普天間移設先は勝連沖(うるま市):

« 元風俗ライター友納尚子はモンスタージャーナリスト | トップページ | 真央ちゃん »