« フィギュア、トヨタ、元を辿っていくと“反日活動”をメシの種にする韓国人に行き当たる。 | トップページ | スポーツに望むのはフェアな戦い、ただそれだけ。 »

2010年3月 4日 (木)

モラルなき韓国、国威発揚のためなら日本選手に毒を盛る(デマ)

以下の件、メールで教えていただきましたが、
※完全にデマだそうです。
日本選手だけ水が合わなかったんでしょうかね。

"""""""""""""""""""""""""""""""""

2006年12月、ロシア開催のフィギュアスケートグランプリファイナルで、韓国工作員が浅田真央、安藤美姫、高橋大輔の3選手に毒を盛り、キムヨナ選手はみごと逆転優勝。

毒?まさか、作り話でしょ?と思っていたが・・・。
韓国サッカー界も汚れきっていた。あの国にスポーツをする資格はない。

フリーの日、日本選手は突然体調不良になったことが報じられた。

グランプリ・ファイナル男子フリーを終え、苦しそうな表情の高橋(Photo By AP)
ttp://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20061217000_p.html(リンク切れ)

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは16日までロシアのサンクトペテルブルクで行われ、男子2選手、女子3選手が出場して期待された日本勢は男女とも優勝を逃した。

男女ショートプログラム(SP)で2位につけた高橋大輔(関大)と安藤美姫(トヨタ自動車)は、ともに風邪のような症状でフリーは力を発揮できなかった。高橋は演技が進むにつれて動きが鈍り「滑っているときにおなかが気持ち悪くなり、寒気がしてきて、やめようかと思った」。安藤も腹の具合が悪く「試合に入ったらいけるかと思ったが、震えがきてしまった」と話した。

高橋はフリー3位ながら銀メダルに踏みとどまったが、安藤はフリー最下位と崩れて5位に転落。6度跳んだ3回転ジャンプが2度しか決まらず「ふらっときそうになった。初めての経験だった」と控室で泣きじゃくったという。

女子SP1位から逆転負けした浅田真央(愛知・中京大中京高)も鼻声。本人は「風邪ではないと思う」と変調を否定したが、日本チーム関係者は「彼女は頑張るけど、ちょっと様子がおかしかった」。女子4位となった村主章枝(avex)も「体調的に良くなかった。
毎日眠れなかった」と話すなど、日本勢は謎の症状に襲われた。 (共同)

ロシア報道官の会見を読んでもらうとわかるが、当時開催候補地争いを続けていたロシアは、韓国を蹴落とすためにも徹底捜査したと思われる。韓国で冬季五輪を開催したら危ないよ、と。ロシア・ソチで開催すれば、当局は必ず選手達を守ると述べている。

やっぱりそうでしたか~ロシア検察庁、韓国工作員を逮捕
http://blog.livedoor.jp/wnmtohoku/archives/50756083.html
2007/4/1(四月バカではありません、と管理人が注意書きしてる(^_^;)

韓国工作員を逮捕
ロシア検察庁は、06年12月にロシアで開かれたフィギュアスケートグランプリファイナルで浅田真央ら日本人選手に、体調を狂わせる目的で不正に薬物を飲ませた「傷害罪」の容疑で、韓国人工作員を逮捕したと発表した。

ロシアのサンクトペテルブルグ市検察庁は、06年12月に同市で開かれたフィギュアスケートグランプリファイナル(GPF)に出場した浅田真央ら日本人選手3人に、体調を狂わせる目的でに不正に薬物を飲ませた「傷害罪」の容疑で、韓国人工作員をモスクワ市内で逮捕したと発表した(日本時間07年3月31日放送のCNNj『World Sports』)。

07年3月30日に記者会見を開いた同検察庁のボリス・ラブソフ報道官によると、逮捕されたのは韓国籍の男性、ソン・ウォンホ(宋元浩)容疑者(61 歳)。当初、駐露韓国大使館では、同容疑者を大使館付きの外交官であると主張し、外交官特権を盾に身柄の釈放を要求した。が、同検察庁は「外交官の身分を示す書類に不備がある」ことを理由に外交官特権を認めず、逮捕に踏み切った。現在、同容疑者はサンクトペテルブルグ市検察庁に拘留されているが、容疑を否認し、事件の詳細については黙秘しているという(前掲CNNj『World Sports』)。

ところが、日本ではマスメディアが報じた形跡がない。韓国でも黙殺。

韓国工作員を逮捕:週刊アカシックレコード070331
http://ameblo.jp/akashic-record/entry-10029355698.html

サンクトペテルブルグ市検察庁は「GPF直後から疑問を抱いて内偵捜査を始め、日本にも捜査員を派遣して、フィギュア関係者から事情聴取した」(ラブゾフ報道官)。「捜査上の秘密があるので、使用された薬物の名前など詳しいことは言えないが、高橋、安藤、浅田(真央)の3選手に、一時的な体調不良を起こす薬物が投与されたのは間違いない。同じホテルに宿泊していた韓国選手に被害が出なかったことから、薬物はホテル全体の給水設備に投入されたのではなく、選手個々人の昼食を狙ってひそかに混入されたと断定できる」(同報道官)と、会見では検察当局が公判維持に自信を持っていることを伺わせた(前掲CNNj『World Sports』)。

(略)

「韓国は国威発揚のためなら、どんな不正もいとわない国。02年W杯サッカー(本大会)における、韓国の(対ポルトガル、対イタリア、対スペインの)勝利はすべて、審判を買収した結果だ(対ポルトガル戦前日、02年6月13日配信の小誌の予測記事「●いまこそ『奥の手』を~審判に『期待』」 < http://www.akashic-record.com/y2002/wcup.html#04referee > も参照)。当時韓国代表監督だったヒディンクは、あまりに卑怯な工作が続くのを見て『このままでは私は欧州のサッカー界で生きて行けなくなる』と韓国サッカー協会に抗議したが、韓国側は言わば『口止め料』として契約外の、領収証なしの報酬を支払った。そこからヒディンクの不正蓄財が始まり、彼の倫理観は麻痺していった」

ラブゾフ報道官は記者会見でこう説明したあと、「ヒディンクの韓国スポーツ界に関する証言は、決定的証拠にはならなかったが、有力な状況証拠として、また捜査の端緒としておおいに役立った」とうれしそうに付け加えた(前掲CNNj『World Sports』)。

(略)

「日本のフィギュアスケート選手は、今後ロシアに来るときは、安心していい。2014年の冬季五輪開催地がロシアのソチに決まれば、わが国の司法当局は万全の警備で安藤選手や浅田選手を守る。しかし、もし韓国の平昌(ピョンチャン)で開催されることになれば、何が起こるかわらない」(前掲CNNj『World Sports』)

(略)

「もし韓国で冬季五輪が開催されて、韓国が地の利を活かして不正な方法で自国のフィギュア選手を優勝させれば、韓国はその『実績』を背景にグランプリシリーズの開催国になろうとするだろう。現在グランプリシリーズは(GPFを除いて)欧州のロシア杯、フランス杯、北米のスケートアメリカ、スケートカナダ、アジアのNHK杯、中国杯と、3大陸2か国ずつでバランスが取れているので、これに韓国が国際大会を開催して割り込むとすると、アジアでNHK杯か中国杯のどちらかを除外する必要がある。
韓国の国民性や、韓国人が柔道で国際連盟やアジア連盟の会長ポストを取ったあと日本の(福岡)国際女子柔道大会を打ち切らせた前例から見て、彼らはフィギュアで国際的な実績ができれば、中国と結託して日本を国際大会開催国の座から追い落とそうとするだろうから、日本にとっては韓国で冬季五輪が開催されないほうがいいはずだ」(前掲CNNj『World Sports』。日刊スポーツWeb九州版06年11月8日「福岡国際女子柔道が今年で最後」 < http://kyusyu.nikkansports.com/news/p-kn-tp2-20061108-114023.html > も参照)

「06年のサンクトペテルブルグで薬物を使った犯人が韓国の工作員なら、06年に韓国(済州島)で開かれたアジア柔道連盟主催のイベントで日本人の会長が急死し(て、即日、臨時総会が開かれて、韓国人の後任会長と入れ替わっ)たのも、韓国による暗殺の可能性がある」(前掲CNNj『World Sports』。小誌Web版06年6月21日「竹内義徳アジア柔道連盟会長、韓国で急死」 < http://www.akashic-record.com/y2006/cyzo.html > 、『サイゾー』06年7月号「歪んだ柔道の歴史:日韓柔道ファンの間で繰り広げられる、柔道争奪戦」 < http://www.ultracyzo.com/cyzo/backnumber2006.html > も参照)

_____以上引用終わり

◇日々是語草◇
キム選手のほうが真央選手より巧いとマスコミに信じさせられていた。(比較動画)

|

« フィギュア、トヨタ、元を辿っていくと“反日活動”をメシの種にする韓国人に行き当たる。 | トップページ | スポーツに望むのはフェアな戦い、ただそれだけ。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108393/47720338

この記事へのトラックバック一覧です: モラルなき韓国、国威発揚のためなら日本選手に毒を盛る(デマ):

» 女子フィギュアスケート村主章枝の現役続行の道 [ジェニー芳郎のスポーツって何だか面白い]
バンクーバー五輪では惜しくも選考から外れて出場叶わなかった村主章枝さんが先日現役続行の会見を開きました。御本人はやる気満々。というかバンクーバーは選手ではなく報道する側で参加した彼女にとって、オリンピックにもう一度出たいという気持ちが強く再燃したのかも...... [続きを読む]

受信: 2010年3月11日 (木) 20時57分

« フィギュア、トヨタ、元を辿っていくと“反日活動”をメシの種にする韓国人に行き当たる。 | トップページ | スポーツに望むのはフェアな戦い、ただそれだけ。 »