« スポーツに望むのはフェアな戦い、ただそれだけ。 | トップページ | 小泉純一郎氏の講演(1)「小泉純一郎、吼える!」(新潮45・3月号) »

2010年3月 7日 (日)

真央ちゃんの周囲のアドバイスは雑音でしかない。

韓国工作員が日本選手に毒を盛ったのは、すでに完全なデマとして決着していたそうです。メールで教えていただき、ありがとうございました。
あるブログのコメント欄であの事件を「既定事実」として書いている人がいたので、「そういえばそんな事件があったっけ」と思い出したのが運の尽き。何度か壮大に釣られたことはあったけれど、今回も「やっちまったな」ってことで反省。感情移入しすぎるとロクなことにはならない・・。

バンクーバー・フィギュアスケートの余韻はまだ続く。
真央ちゃんがソチで勝つためには何が足りないのだろう。

真央ちゃんは妥協を知らないチャレンジャーだと思う。キム選手は「金メダルを獲ること」に焦点を定めて、何年も前から“総合的”に準備をしてきた。才能に恵まれた二人は、対極的に見える。競技者として本物か偽物か・・・。

真央ちゃんは私には求道者に見える。勝つことは結果であって、それは自分の限界を超えたところにのみ存在する。勝利とは、それほど価値のある貴いものなのだ。彼女にとって金メダルとは余裕をもって得るものではない、自分のスケートを極めた所にのみ輝くものなのだと思う。だから、完璧であることにこだわる。周囲が反対した重々しい曲をあえて本人が「完璧にやりたい」と固執したのには理由がある。点数がどうあれ、難易度の高い技に挑戦することが、輝くものへの対価なのである。

真央ちゃんのファンならきっと同意してくれると思う。金メダルを獲りさえすればいいのなら、キムヨナの真似をすればいい。3+3の楽なジャンプでお茶を濁せばいい。ウケを狙った振り付けをすればいい。
しかし、真央ちゃんは限界に挑戦し続ける。4回転の練習にも取り組むだろう。

日本スケート連盟には一抹の不信感がある。
「女帝」と呼ばれる城田憲子氏は、不正会計の問題で一時連盟を離れたが、わりあい早く復帰した。ジュニアの育成など功績のある人で、大会を日本に誘致するなど政治的な手腕を高く評価されている。

しかし、漏れ聞こえてくるのは、選手が信頼する専属コーチの指導方針に彼女が口出しすることで、選手に動揺を与えるということ。城田氏と安藤選手のコーチ・モロゾフ氏とはかなり険悪になったらしい。また真央ちゃんのコーチ・タラソワ氏には「演技後半のトリプルアクセルは外すべきだ」と主張した。リスクを恐れるのは理解できるが、選手自身が決めること。コーチも口出しできない領域がある。キム選手のように「楽な演技構成」で勝てるわけがないのだ。城田氏のような余計な口出しは、選手にとっては雑音でしかない。

週刊新潮の記事は事実としては正確だが、内容はクソだった。

フィギュアに詳しいジャーナリスト
92年のアルベールビル五輪で伊藤みどりがトリプルアクセルを跳び銀メダルをとったことで、日本人は難度の高いジャンプさえ跳べば勝てると勘違いしてしまった。

ダンス大会ではない。競技者として挑戦するのは当たり前ではないか。
もし今回キムヨナが優勝したように、今後難易度の高いジャンプが必要ないとしたら、フィギュアスケートの将来性を奪い、競技を殺すことではないか。難易度の高いジャンプを高得点にするように採点方法を変えるべきだと考える。

キム・ヨナは難易度は低いが完成度の高いジャンプを綺麗に決めて、出来ばえ点(GOE)でも加点を重ねた。すべての点で浅田を大きく上回った。ジャンプのミスがなかったとしても彼女は勝てなかった。

すべての点で真央ちゃんを上回った?ジャーナリストさん、あなたの目は節穴か。

現地記者
ロシアの影響で浅田が回転至上主義に染まったのも仕方がないことであった。

米国、カナダの影響を受けろというのか。フィギュアを育てたのはヨーロッパ。ロシアは常に一流だった。難しいジャンプに挑戦する選手を評価できない採点方法では、もはや誰も3Aに挑戦しないだろう。キム・ヨナ程度のプログラム構成で勝てるなら、フィギュアは衰退する。

連盟関係者
真央ちゃんはルッツとサルコーが跳べない。ジャンプ以前に技と技のつなぎとか表現力とか滑りの質全体がキム・ヨナより劣っている。3回転半に頼らざるを得なかったというのが実情である。1年前に代表入りが決まっていたら、じっくりジャンプの修正や表現力の体得に取り組めたと思う。

結局ジャッジの動向について最新情報を集め、どんなプログラムを組めば無理なく高得点を狙えるか、適確な判断を下せる人が連盟にいなかった。だから真央ちゃんサイドは連盟のアドバイスに背を向け、タラソワコーチの言うがままになってしまった。

城田氏の考えに近い人だね。ジャッジの動向について最新情報を集めるのが勝利の鍵だとわかっているのが救いか(笑) どこの世界も政治力が必要ということ。しかし、連盟が適確なアドバイスができたとは思えない。3Aにストップをかけ、真央ちゃんのモチベーションを下げるだけだった。高橋選手のように4回転を失敗しても、挑戦することによって本人が後悔することなく、全体の質を高めることがあるのである。

こんなノイズでしかない、足を引っ張る人ばかりが周囲にいるのが、フィギュアスケート界の現状なのである。

我が意を得たりと膝を打つ論評があった。
長くなるので、続きは日々是語草でどうぞ。
「キム・ヨナ選手の金メダルは欧米型マーケティングの典型例」

|

« スポーツに望むのはフェアな戦い、ただそれだけ。 | トップページ | 小泉純一郎氏の講演(1)「小泉純一郎、吼える!」(新潮45・3月号) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108393/47745243

この記事へのトラックバック一覧です: 真央ちゃんの周囲のアドバイスは雑音でしかない。:

« スポーツに望むのはフェアな戦い、ただそれだけ。 | トップページ | 小泉純一郎氏の講演(1)「小泉純一郎、吼える!」(新潮45・3月号) »