« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月21日 (日)

今度こそ?一石何鳥、普天間移設先は勝連沖(うるま市)

普天間基地移設先候補が幾つも浮かんでは消えていった。
岡田外相が「国外県外にするとはマニフェストに書いていない」と言ったからには、沖縄県内にするしかないということだ。ついでに「マニフェストを守るとはマニフェストには書いていない」と開き直ればよかったのに。すでに国民と民主党政権の間には冷たいすきま風が吹いているので、真反対にブレたところで驚かなくなっている。慣れってコワヒ・・

普天間移設先の検討委員会は、連休明けの23日には具体的な方向性をまとめるらしいが、当たるも八卦当たらぬも八卦、「これはイケルかも」と思った移設先を一つ。

週刊現代で、密かに平野官房長官が推し進める移設先がスクープされていた。

沖縄県うるま市の「勝連沖案」は、沖縄商工会議所名誉会長・太田範雄氏が計画し、昨年秋から政府内で検討してきたという。各方面の根回しも済んでいるそうだ。

小沢幹事長も昨秋に面会の上 納得してもらい、ようやく候補地としてニュースで報じられるようになったので、太田氏自身が説明する時が来たと考え、週刊現代のインタビューに応じたのだという。勝連沖埋め立て案は本命候補だったので、外に漏れないように厳重に取り扱われていた。国民新党のキャンプシュワブ陸上案が本命のように報じられていたが、陽動作戦だったわけである。最初から無理だとわかっている陸上案をなぜ政府は否定しないのだろうと私も思っていたのだけれど。たぶん日米合意どおりの辺野古案に落ち着くと想像していた。

<勝連沖案のメリット>

1,普天間と名護の中間に位置するうるま市の沖合に人工島を作る計画。海上埋め立てには実績がある。(1979年、宮城島沖の海上を埋め立て、石油備蓄基地を建設した)

2,この海域は珊瑚礁がすでに死滅しており、環境への影響が最小限。環境アセスメントも1年程度で済む。

3,勝連沖の海底は大変浅いので、建設自体は難しくない。移設に必要な基地建設ならわずか2年で完成できる。

4,普天間基地の海兵隊がこの案に賛同してくれている。名護市だと遠すぎるが、海上道路を造れば、現在の生活圏から通勤可能である。

5,人工島の最終的な目標は、沖縄経済の自立・発展に役立てたい。1000㌶もの人工島を作り、いずれ民間物流の拠点にする。また航空機の修繕場として活用し、沖縄経済の核にしたい。大きな雇用も創出できる。

6,計画では人工島の建設にはPFI方式――公共施設の建設・維持管理・運営等を民間の資金・技術を生かして行う方法を採用し、建設費用の約2兆円の大半を民間から調達する予定になっている。民間企業が出資し、代わりにそれらを軍が使用する際、国にリースとして貸し出すという形をとる。この方式によって、うるま市には国からの補償金に加え、法人税も確保する。

7,現在、ワーストクラスのうるま市の財政状況は、これによって大幅に改善される。平野長官サイドからの要請を受け、太田氏は、市議会関係者、地元漁協関係者などを中心に同意を取り付けるために奔走している。近いうちに「勝連沖案」が政府案として発表されるのではないか。ある政府高官から太田氏はそのような連絡を受けている、と。

8,人工島により騒音・墜落問題の解決が図られる。
──────────

太田氏の言うようにこんな素晴らしい案であるなら、なぜ自民党は検討しなかったのか。太田氏は十数年も前から計画していたそうだ。つまり移設案が持ち上がった頃からの計画。太田氏は自民党の有力議員らにこの案を提示したが、さまざまな利権やしがらみによって検討されなかったのだという。(久間や守屋の利権駆け引きを思い出す)

23日の検討委員会の結論がどう出るか。
県外・国外を選挙中に口約束し、沖縄県民に期待を持たせてしまった鳩山首相の軽い口を昨年中に塞いでおけば、沖縄県内でも説得しやすかったと思う。かえすがえすも社民党にすり寄る鳩山首相の沖縄県民の心を弄ぶような言動には怒りを感じる。

辺野古か勝連沖か、はたまた九州○県のびっくりカードが出てくるのか知らないが、いざ建設となった時には、社民党がうちわで扇ぐ反米市民プロ団体がまたテント村に張り込むのだろう。

基地問題が沖縄県内で決着した暁には、今までニタニタ薄ら笑いを浮かべながら「国外・県外」と言いふらしてきた鳩山首相に対し、沖縄県民の心を弄んだ責任を追及するべきだ。鳩山首相と社民党党首をクビにしろ。あ、いや、鳩・小沢のままのほうが参院選で野党が有利になるから、このままでいいや。ズルズル参院選にいってしまえー。

【追記】
あらら勝連沖案はいいと思ったんだけど、アウトだって。
困ったね、民主党さん。アメリカをマジで怒らせちゃったみたい。


(日経)米オバマ政権が米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、2006年に日米が合意した同県名護市辺野古沖に移す現行案の履行か、普天間の継続使用かの二者択一を日本に求める方針であることが20日、分かった。 http://bit.ly/di2Yh3

◇日々是語草◇
公邸を私的利用し、韓国俳優とデートするミユキ夫人

| | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

元風俗ライター友納尚子はモンスタージャーナリスト

週刊文春 学習院よ、何サマのつもりだ
ジャーナリスト友納尚子

 学習院に猛省を促すためにも、先週号で明かさなかった事実に触れよう。愛子さまは昇降口で突然後頭部を掴まれただけではない。そのまま下駄箱の中に頭を押し込まれそうになったのである。
 これでも学習院は、愛子さまへの直接的な乱暴がなかったと言い張るつもりだろうか。

友納さん、毎週ご苦労さまです。なぜ貴女だけいつも見てきたように東宮ご一家の内情を書けるのですか?雅子様の日記の内容まで書いていたことがあったけれど。雅子様と直通に近いパイプがあると理解してよろしい?

学習院に猛省を促す・・・、これはつまり愛子様のご両親のご意向ということでOK?相当お腹立ちですね。もし全部友納さんの作文だったら、彼女は異常なほどの東宮贔屓。ジャーナリストは、両方の立場からの取材は欠かせないものだけれど。

とにかく友納氏の言い分は、愛子様は直接的な暴力を振るわれているので、嘔吐や腹痛を伴う重篤な適応障害になってしまった。学習院はその事実を認め、「皇族をお守りするという気持ち」をもって対応しろ、と。東宮ご夫妻自らが「他の子供達と分け隔てなく・・」とおっしゃっているのに?これでは友納氏は特権階級と自己同一視するモンスタージャーナリストである。

学習院の対応は

愛子さまクラス替え特別配慮 「問題児童と同じにしない」
2010/3/17 20:23

これに対し、学習院の広報課長は、次のような対応を取ることを明らかにした。

「クラス替えについては、通常は特別配慮はしていませんが、今回は、愛子さまが男子児童と同じクラスにしないよう配慮するつもりです。学校運営上の詳細はお答えできませんが、東宮職とも緊密に連絡を取り合って、愛子さまが安心して楽しい学校生活を送られるよう工夫していきます」

いじめが特定の児童に対して行われている事実があれば、“特別配慮”と断るまでもなく別のクラスにするだろう。ごく当たり前の“配慮”だと思う。
しかし、あえて“愛子様だけ特別に配慮”の意味合いを持たせたのは、東宮に向けて「本当はそこまでやる必要はないのだけれど、仕方ないので特別ですよ」という軽い不快感がこもっているように感じる。

友納氏の激高の度合いからいけば、乱暴男児は転校させるべきだと思うが、陛下のとりなしによって事なきを得た。

肝心の暴力の程度はどうだったのか。首を絞めたり頭つかんで下駄箱に突っ込み・・(ん~?プロレスの技?)。本当に友納氏が書くほどの暴力児童なら、一般学級には通わせられないほどの問題児である。すぐ病院に行って検査を受けたほうがいい。きちんと療育を受けさせてあげれば、社会性は身につくはず。

もっとも、乱暴についての言い分は、現在も平行線のまま。すぐに緊密な関係を結べるのかは不透明だ。

これでは友納の怒りは収まらないだろう。一方、学習院側の見解が正しいとすれば、東宮側の勇み足という結論になる。

「寒いところに行くと“子供を産まねばならない”というプレッシャーがフラッシュバックする雅子様。それを克服するためにあえてスキー旅行に行かれるのだ」なんて文藝春秋に書くジャーナリストは、東宮のイメージアップには貢献していない。そんなふうに擁護されたら恥ずかしくてたまらないはず・・。あるいは雅子様の身近な者が情報を提供しているなら、周囲はちょっと振り回されすぎている。全部友納の創作であってほしい。友納に東宮ご夫妻の記事を書かせ続ける文藝春秋社は、いったい何を考えているのか?

新学期になっても解決しなければ、愛子様は良家のお嬢様スクールに転校するのが良いと思う。母子で適応障害になってしまったら、見ているほうがいたたまれない。

| | トラックバック (1)

2010年3月12日 (金)

新党結成へ腹はくくった(文藝春秋・与謝野馨氏)

文藝春秋4月号に与謝野氏が新党結成宣言をしているというので、一応(嫌々)読んでみた。私としては松田賢弥氏の「小沢一郎 57億円略奪の黒い霧」のほうが興味津々なんだけど。

与謝野氏の鳩山総理へのきつ~い質問はサイコーによかった。西田昌司氏も裏取り情報満載の厳しい質問を投げつけているが、与謝野氏の断定口調の迫力にはかなわない。

期待する新党だが、論文の内容は予想以上のものはなく、「やっぱりこの人には日本の舵取りは任せられない」と確認しただけだった。なにせ仲間が園田博之氏と鳩山邦夫氏、将来性があるとは思えない。つまり持論の「社会民主主義」政策と読売新聞・渡邉主筆の匂いが漂う アンチ小泉改革そのものだからである。

新党結成へ腹はくくった
日本経済を救う「捨て石」になる
 与謝野 馨

与謝野氏の政界再編の覚悟は、舛添氏のそれとまったく同じである。今の民主党と自民党の体たらくを見れば、打開策は誰しも同じ結論になる。

執行部を交替して新生自民党を立ち上げるのか、それとも新党という旗を掲げて新しいパラダイムを求めていくほうが日本を救うための近道なのか、時間は差し迫っており、私が決断を下す次期はそう遅くはないだろう。

舛添氏と違うのは、与謝野氏の決断は早く実行力があるということ。ぶれないのは立派である。

ただ「みんなでやろうぜ」の谷垣氏の限界は、最初からわかっていたはず。舛添氏も与謝野氏もなぜ総裁選に立候補しなかったのか。谷垣総裁と執行部を批判する資格があるのは、河野太郎とその仲間だけである。

谷垣総裁が選んだ執行部の顔ぶれを見た瞬間、大島?二階?川崎?麻生政権と何も変わらない。予想通りとは言え、あきれ果てて言葉を失った。有権者は自民党的なる腐臭に嫌悪したのに、谷垣氏は何にもわかっちゃいない。しかし、そんなことは百も承知で死に体の自民党は谷垣総裁を選んだはずなのだ。

与謝野氏が怒っているのは、野党として鳩山総理の政治とカネ問題を徹底追及すべき局面であることを谷垣総裁に念を押し、「党首討論では鳩山首相の退陣を迫ってください」と台詞まで書いて谷垣氏に渡したにもかかわらず、いざとなると谷垣氏は退陣を迫ることもしなかった。与謝野氏は、起訴された鳩山首相の秘書二人は犯罪人であること、一人は辞職したが、もう一人はいまだに秘書のままで首相公邸にも出入りしていることを問題視している。「犯罪人が首相公邸に入っていいのか」、そういう厳しい言い方をするべきだと谷垣氏に進言していた。しかし、それもスルーしてしまったので、与謝野氏は堪忍袋の緒が切れた。お公家さん体質の谷垣氏には無理な相談だったろう。それもこれもあなた達が選んだ総裁なのだ。なぜ河野太郎を選ばなかった!(怒)

与謝野氏が断罪する「鳩山政権の6つの大罪

1,民主党政権に長期的な財政の展望がない。→財政健全化の目標が急務

2,民主党に恒久財源という意識が欠如。→増税

3,民主党に日本経済の成長戦略が欠如。→最初に成長戦略を示し、それに従って予算編成すべき。

鳩山首相は経団連メンバーに向かって「経団連の皆さんは供給サイドだが、鳩山政権は需要サイドに目を向ける」と言ってのけた。需要と供給は雇用を通じて表裏一体であることを鳩山氏はまったく理解していない。メンバー達はそれを聞いてしらけきっていたという。

4,「デフレ宣言」は政策的な裏打ちを立てた上で行わなければならない。今後借金を重ねて国債発行残高が発散過程に入っていけば、日本国債が暴落し、財政破綻という想像したくもない結末が待ち受けているだろう。

5,民主党は総選挙で国民に約束したマニフェストを実行できていない。

6,日米関係を急速に悪化させたこと。
もし鳩山首相が普天間の問題を安全保障や沖縄県民の基地負担の軽減という観点だけから考えているとすれば、大きな間違いである。日米関係の悪化こそ政治の世界だけでなく経済にも悪影響を及ぼす。(小泉演説とも通ずる)

ちなみに民主党には藤田国際局長みたいなリチャードコシミズ並みの反米陰謀論者がいるのだから、米国側はますます不信感を募らせている。 http://ow.ly/1h80c

では、与謝野氏の基本政策とは何だろう。読まなくてもわかる。麻生政権でさんざん聞いてきたことなので。一見正しいようだが、矛盾がいっぱいある。結局、根本的な産業構造の変革は促すことはできず、増税で大きな政府を養わざるを得ない。

1,税制抜本改革、社会保障改革、成長戦略を総合化した「復活5カ年プラン」=増税。全額を社会保障に使う。

2,超党派の政策プロフェッショナルを結集。安心社会実現のための円卓会議を作る。
――麻生政権で作ったあの与謝野肝いりの円卓会議の復活。ナベツネや連合会長や社民主義的な考え方の宮本太郎氏ら「小泉改革」をボロクソに言っていたメンバーばかりである。河野太郎氏や舛添氏が目指す「強い経済」とは対極にある政策を誘導。はっきり言って、「成長戦略」と口では言うが、与謝野氏の方向性は民主党と変わらない。

与謝野氏
「円卓会議の精神は今でも生き続けている」
「この精神(社民主義)の元に与野党の議員を結集したい」

与謝野氏が自分の方向性に合うメンバーを選んでおいて、「超然たる立場から自由な議論をお願いしたい」も何もないと思う。有識者と呼ばれる人を集めて国民向けに「安心安全」のお題目を唱えるより、経済政策に強い国会議員が専門家の意見を聞きながら、少数精鋭で中身を深めるほうが有効だと思う。素人集団は、結局主導する与謝野氏の腹話術人形なのである。

まあ、そんなことで、政策・理念の旗を掲げて政界再編を仕掛ける勇気は称えよう。渡辺喜美代表が「新旧分離せよ」と主張するように、自民党は舛添(河野太郎)、与謝野(鳩山邦夫)、霞が関頼みの利権誘導型守旧派の三つに分かれるべし。自民党の大借金は、古い自民党に置いて出てしまえ。自民党の中で執行部を批判しながら主導権争いしている余裕はない。すっぱり袂を分かち、有権者に信を問え。

◇日々是語草◇
学習院の学級崩壊?野村東宮大夫の拙速な会見

| | トラックバック (2)

2010年3月10日 (水)

小泉純一郎氏の講演(2)松井和志氏取材「一身独立して一国独立する」

小泉純一郎氏の講演「観光立国日本」-続き-
取材・フリーライター松井和志氏

民主党にエールを送る場面も。

・「今まで自民党にはしがらみがありましたよ。(自民党に)できないことをどんどんやってもらいたい。無駄は探せばもっとある。(略)どの政党がやろうが、大事な行財政改革を国民は応援しなければならない。将来に痛みを与えないために、国がやらなくていい余計な仕事を検証していく姿勢は、これからも大事だと思っています」

「自民党なら即刻退陣」

観光立国の話はどこに行っちゃったんだろう、と思いつつ、政局の話へ。

・「しかし、今度の民主党政権ねぇ。これほど早くおかしくなるとは思ってなかったんですよ。鳩山総理にしても小沢幹事長にしても、もし自民党政権の総理大臣、与党の幹事長が、あのような政治とカネのスキャンダルを出したらね、今とても総理も幹事長もやっていられませんよ。(略) 即刻退陣ですよ。
 だいたいね、毎月1500万円を母親からもらっている。何年間も。知らなかった。このほうが異様ですよ(会場笑)。政治資金を使ってですよ、多くの人から献金をもらって、それを使って土地を買ったりマンションを買ったりしている。そんな政治家は一人もいないですよ」

民主党の外交について

・「最近一部に『日米中は正三角形の関係がいいんだ』という議論があります。私はこの考えは取りません。中国との貿易・経済関係を見ますと、輸出も輸入もアメリカを超えているわけですから、日本経済にとって中国は非常に重要です。かといって、日米関係と日中関係が同じだという意見には私は与しない。私が総理大臣のときにこういう発言をしたら、一部のマスコミや評論家が曲解した。私は『日米関係が良ければ良いほど、他の国ともいい関係を築くことができるんだ』と言ったんです。そうしたら『小泉は日米関係さえ良ければ、他の国はどうでもいいのか』。違うでしょう?日米関係を悪くして、そのぶんを補うために他の国と良くしようという関係はいけない、と言ったんです」

・「日米関係が良ければ良いほど、しっかりしていればいるほど、中国との関係、各国といい関係を築くことができる。それほど日米関係は重要だと言っているんです

・「中国にしても韓国にしてもロシアにしても、全部日本は領土問題を抱えているんです。日本の意見と違う。それをどうして同盟関係を結ぶことができるか。経済がこれだけ大きくなった中国が大事だから日中と日米は正三角形、同じなんだと。こういうことは、今後の日本にとってはなかなか難しい。
 (日米同盟を強く保ったうえで)日本は世界のどの国とも平等な関係を築く。それが強固なものになって、さらにいろいろな国との関係を構築していくことが必要だと思っています」

中国や北朝鮮は日本へ核ミサイルを向けている。日米安保条約によって守られている日本が、安全保障上「日米中は正三角形」などおよそあり得ないというわけだ。

憲法9状改正論について

・「日本人はよく曖昧だと言われます。一番曖昧な例が、憲法9状の問題ですね。私は憲法改正論者なんですが、9条の『国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する』、これは変えなくていいと思う。ただ、次の項目『前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない』があるせいで、『自衛隊は戦力ではないのか?』という議論が未だに起こっている。自衛隊が戦力でないと思っている人は、ほとんどいませんよ」

・「戦力でなかったら、我々が自衛隊を持つ必要はないでしょう?侵略する勢力を排除するのは、戦力でなければできない。こんな憲法は変えたほうがいいと思う。戦争放棄はいいですよ。ただし『日本の平和と独立、国民の安全を確保するために自衛軍を保持する』と明記しなければ、いつまでも『自衛隊は憲法違反だ』とさまざまな問題にされてしまう。
 (略)ごまかさないことですよ。国民の常識から言えば、自衛隊は軍隊でしょう。(日本は)戦力を持っています。そういうところは、直していったほうがいいんじゃないかなと思っております」

一身独立して一国独立する

1時間の講演は、観光立国について触れたものの最後は古今の明言を引用しながら格調高く締めくくられた。

・「明治の時代、最も売れたベストセラーが二つあった。一つはイギリスの(サミュエル・)スマイルズという人が著した『自助論』です。セルフ・ヘルプ、自ら助ける精神ほど大切なものはない。さらに自らを律する精神、セルフ・コントロールが一番大事だと。自ら努力する人たちを応援しようという本です。
 もう一つは慶應義塾大学の創始者、福沢諭吉の『学問のすゝめ』。『天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず』。そして『一身独立して一国独立する』。個人個人の独立があって、初めて一国の独立を勝ち得ていく。これを説いた」

さらに小泉氏はJ・F・ケネディの大統領就任演説の一節を引用した。
・「Ask not what your country can do for you; ask what you can do for your country 」
「諸君の両親が何をしてくれるかを問いたもうな。諸君の友人が何をしてくれるかを問いたもうな。諸君の両親、諸君の友人に、何をできるか考えたまえ。これはわかりやすいですよね。社員は『自分は会社のために何ができるのだろう』、社長は『俺は社員のために何ができるのだろう』と問う。そういう会社は繁栄すると思いますよ

オバマ大統領の就任演説も紹介した。(2009年1月20日)

オバマ大統領「今私たちに求められているのは、新たな責任の時代です。米国人一人ひとりが、自分自身、国、そして世界に対して義務を負っていると認識することです」。・・そのうえで、小泉氏は日本人にも自助努力と責任が必要だと訴える。

・「人から与えられるよりも、自分がどうやって努力するかが大事なのだ。100年前だろうが50年前だろうが、これは変わらない大事な人間の資質だと思います。自分を助けることができる人が多ければ多いほど、自分一人ではどうしても立ちゆくことができない人を助け合う社会ができると私は思う

(私の感想)鳩山首相の「いのちを守る、いのちを守りたいのです」なんて、首筋が痒くなるような演説を聞いた後に小泉氏のスピーチを読むと、なんとストレートに一字一句心に響くことか。ジュニアの進次郎氏は、このような父の背中を見て育ち、今は国会議員として直接父から薫陶を受けている。進次郎氏の演説に真実味を感じるのは、父の人生観と感性を受け継いでいるからだろう。

小泉氏の〆の言葉

・「いずれにしても、しばらく民主党政権にやってもらわないと、何でも自民党を批判すればいいという風潮はなくならないですよ。少なくても3年か4年民主党にやってもらわないと、冷静な判断はできない。自民党も野党を経験して、また新たな視点から立ち直っていけばいいんです」

これだけは承服できない。小鳩政権が3年も4年も続いたら、日本人が冷静になるより先に真っ青になって貧血で倒れてしまう。社会保障充実に手が回らず、重税にあえぎ、保険料過重地獄が待っている。子ども手当は既得権となり、止めるに止められない。自助自立の精神はますます廃れ、有能な人は海外で起業する・・。

純ちゃん、戻ってきて・・・とは言えないけれど、小泉改革へのあらゆる歪曲バッシングとレッテル貼りの後、日本の政治が羅針盤を失った船酔い状態に陥ったことを直視しなければならない。民主党に一票を投じた有権者は一日も早くその間違いに気づいてほしいのである。

◇日々是語草◇

| | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

小泉純一郎氏の講演(1)「小泉純一郎、吼える!」(新潮45・3月号)

新潮45の別冊は「小沢一郎研究」だった。ほとんどの寄稿が小沢批判。小沢一郎の悪口だけで1冊できてしまうというのは、ある面小沢氏がすでに「歴史に名を残す」人物となりつつあるのかもしれない。毀誉褒貶の真ん中二文字がない大物政治家として・・。

北野武と小池百合子タンの小沢評が爆笑ものだった。庶民の感覚では、小沢氏への信頼は二度と戻らないところにまで至っているのではないか。
あの大橋巨泉ですら「鳩山・小沢の民主党は支持しない」とはっきり表明するほど今の鳩山政権は酷い。

新潮45は買ったことがなかったが、3月号の「小泉純一郎、吼える!」のタイトルを見た瞬間、速攻で買ってしまった。小泉氏自身が寄稿しているわけじゃないけれど。

改めて小泉氏が何を目指そうとしていたのか、小泉改革の理念はどこにあったのか、もう一度振り返ることは、今後の政局判断を誤らないためにも参考になると思う。

2010年1月23日、京都・日本青年会議所主催
小泉元首相の講演会:「観光立国日本」
取材・フリーライター松井和志氏

定員400人のところ約700人が詰めかけたという。相変わらず大人気。

「鳩山総理も小沢幹事長も即刻、退陣だ」――。
久しぶりに「小泉節」が炸裂した。

・「私はもう国会議員を引退して現役ではありませんので、あまり政局の話はしない方針です」・・と言いながら政局についてサービス連発。

小泉氏は、今年の干支の寅から二人の人物を思い出すそうだ。幕末の志士・吉田寅次郎(松陰)と小林虎三郎である。

・「吉田松陰は今から150年前の1859年、幕府転覆を企てたということで処刑された。29歳。多くのことを成し遂げた志士たち、青年たちに影響を与えた人物であります。教育者、歴史上の教育者というと、必ず名を挙げられますね」

・「吉田松陰は獄中で『留魂録』という書物を書きました。魂を留め置く記録です。松陰が死ぬことによって、長州の高杉晋作は奮起しました。なぜ自分たちの師匠はこのような無惨な殺され方をするのか。わずかな罪で首を斬られなければならないのか。松陰の遺体を洗い、泣きながら幕府転覆を誓い合ったといいます。
 松陰が死ななかったら、長州の藩士はあれほど闘志を燃やして幕府転覆を図らなかったであろう。そう言われるくらい、松陰の氏は長州に衝撃を与えたわけです」

吉田寅次郎(松陰)と並び、佐久間象山門下の二人の英傑と称えられた小林虎三郎について、総理大臣だった小泉氏は所信表明演説で虎三郎と米百俵のエピソードを紹介したことがある。明治時代に困窮していた長岡藩に米百俵が届けられた。小林は、米を食べることなく売ってしまった。

・「小林虎三郎大参事は、今で言えば長岡藩の首相というような役割でしたね。米百俵を分けても、しばらくすれば食いつぶしてなくなってしまうだろう。『米を分けてくれ』という声に小林虎三郎は待ったをかける。
 なぜ我々は、このようなみじめな状況に置かれたのか。洞察力のなさによって、先見の明がなかったことによって、我々はこんなみじめな境遇に陥った。この米を食いつぶしたら、あとは何も残らない。当座の飢えがなくなるだけだ。
 当時は、学校が極めて限られていた。学問を受けられない。人間が一番大事なんだ。教育だ。人材だ。米は食ってしまえばなくなってしまう。米百俵を売って、子弟に教育の場を与えようじゃないか。小学校を建てよう。これが米百俵の精神です

・「今までは、限られた人しか教育を受けられなかった。すべての子弟のために小学校を建てよう。今の痛みに耐えて、明日を良くする精神こそ最も大事なんだ。これを説いたのが米百俵の精神であります

行財政改革は待ったなし

小泉総理が米百俵の精神を説いてはや9年、国家の財政は良くなるどころか悪化の一途である。

・「今の状況を考えると、(米百俵とは)まったく逆のことをやっている。財政状況を見ればわかります。税収よりも借金が多いですから。多くの若者、子どもたち、孫たちに明日の痛みを与えても、今が良ければいいんだという風潮は、財政状況を見ればわかります。税収がないのに借金をする。異常だと思います。今のような状況を続けていけば、いずれ破綻する」

国債発行額は99年度に約37.5兆円とピークを迎えた。小泉内閣最後の2006年度には約27兆円、翌2007年度には約25.4兆円にまで圧縮されている。

(私の感想)昨今の自称保守の自民党支持者達は、旧態依然の財政拡大路線を支持し、国債発行で今までのように公共事業をどんどんやれと言う。財政危機など存在しないとまで言う。あまりに能天気ではないか。間違いなくこのままでは重税国家になる。社会保障の保険料も重くなる一方。官僚バッシングに話をすり替えて大きな政府もそのまま。財政拡大による経済成長は持続性がなく、いずれ国民に重いツケを残し、財政破綻する。日銀の金融緩和も流動性の罠に陥っている状況では効かない。国内だけで国債を賄うのは厳しくなっているのである。国債暴落など起こるわけがないと信じる自民党支持者は、コップの水がいつあふれ出てもおかしくない経済状況に目をつぶったままである。

・「納税者が苦しんでいるんですよ。国債を買ってくれた人に対する利払いが、支出の中で半分も占めちゃっている。納税者が納めた税金の半分が、新規の政策に使えない。これは財政の再配分を大きく損なわせています。
 こういう状況だからこそ、行財政改革が必要なんです。これはみんな損をしないんです。しかし、この行財政改革ほど難しいものはない。今まで国や政府関係機関に人を派遣していた。この人たちを減らすのが行政改革。今まで補助金、税金を与えていた業界や団体へのオカネを減らすのが、財政改革。これがいかに難しいか」

さらに小泉氏は語気を強めて、「かんぽの宿」や「メルパルク」を引き合いに出した。

・「民間がかけられないようなオカネをかけて、なんであんなに立派な施設を造っちゃったのか。簡保のカネが多く集まりすぎたからといって、旅館を造ってみる。あの『かんぽの宿』を利用する人たちは、簡保の加入者に比べればごくわずかですよ。(略)簡易保険福祉事業団のトップは、2~3の局長級を除いてすべて旧郵政省から来ている。毎月100万円以上の給料をもらっている。総理大臣の3倍、4倍の退職金をもらっている。(彼らは)国がやらなくてもいいことをやっちゃった

・「こういう国がやらなくてもいいことをやってきた。これを改めるのが行財政改革。なかなか難しい。これはやらざるを得ない。行財政改革というのは、どの政党が政権を取っても、誰が総理になってもしていかなきゃならない。便利だからといって何でも国のカネを使っていては、重税国家になっちゃう。だから行財政改革は厳しくやらなければならない。徹底的に調べて、税金の使い方を有効にしていく。それが行財政改革です

>>だんだん佳境に入ってきましたが、続きは明日

◇日々是語草◇
霞ヶ関改革の真髄

| | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

真央ちゃんの周囲のアドバイスは雑音でしかない。

韓国工作員が日本選手に毒を盛ったのは、すでに完全なデマとして決着していたそうです。メールで教えていただき、ありがとうございました。
あるブログのコメント欄であの事件を「既定事実」として書いている人がいたので、「そういえばそんな事件があったっけ」と思い出したのが運の尽き。何度か壮大に釣られたことはあったけれど、今回も「やっちまったな」ってことで反省。感情移入しすぎるとロクなことにはならない・・。

バンクーバー・フィギュアスケートの余韻はまだ続く。
真央ちゃんがソチで勝つためには何が足りないのだろう。

真央ちゃんは妥協を知らないチャレンジャーだと思う。キム選手は「金メダルを獲ること」に焦点を定めて、何年も前から“総合的”に準備をしてきた。才能に恵まれた二人は、対極的に見える。競技者として本物か偽物か・・・。

真央ちゃんは私には求道者に見える。勝つことは結果であって、それは自分の限界を超えたところにのみ存在する。勝利とは、それほど価値のある貴いものなのだ。彼女にとって金メダルとは余裕をもって得るものではない、自分のスケートを極めた所にのみ輝くものなのだと思う。だから、完璧であることにこだわる。周囲が反対した重々しい曲をあえて本人が「完璧にやりたい」と固執したのには理由がある。点数がどうあれ、難易度の高い技に挑戦することが、輝くものへの対価なのである。

真央ちゃんのファンならきっと同意してくれると思う。金メダルを獲りさえすればいいのなら、キムヨナの真似をすればいい。3+3の楽なジャンプでお茶を濁せばいい。ウケを狙った振り付けをすればいい。
しかし、真央ちゃんは限界に挑戦し続ける。4回転の練習にも取り組むだろう。

日本スケート連盟には一抹の不信感がある。
「女帝」と呼ばれる城田憲子氏は、不正会計の問題で一時連盟を離れたが、わりあい早く復帰した。ジュニアの育成など功績のある人で、大会を日本に誘致するなど政治的な手腕を高く評価されている。

しかし、漏れ聞こえてくるのは、選手が信頼する専属コーチの指導方針に彼女が口出しすることで、選手に動揺を与えるということ。城田氏と安藤選手のコーチ・モロゾフ氏とはかなり険悪になったらしい。また真央ちゃんのコーチ・タラソワ氏には「演技後半のトリプルアクセルは外すべきだ」と主張した。リスクを恐れるのは理解できるが、選手自身が決めること。コーチも口出しできない領域がある。キム選手のように「楽な演技構成」で勝てるわけがないのだ。城田氏のような余計な口出しは、選手にとっては雑音でしかない。

週刊新潮の記事は事実としては正確だが、内容はクソだった。

フィギュアに詳しいジャーナリスト
92年のアルベールビル五輪で伊藤みどりがトリプルアクセルを跳び銀メダルをとったことで、日本人は難度の高いジャンプさえ跳べば勝てると勘違いしてしまった。

ダンス大会ではない。競技者として挑戦するのは当たり前ではないか。
もし今回キムヨナが優勝したように、今後難易度の高いジャンプが必要ないとしたら、フィギュアスケートの将来性を奪い、競技を殺すことではないか。難易度の高いジャンプを高得点にするように採点方法を変えるべきだと考える。

キム・ヨナは難易度は低いが完成度の高いジャンプを綺麗に決めて、出来ばえ点(GOE)でも加点を重ねた。すべての点で浅田を大きく上回った。ジャンプのミスがなかったとしても彼女は勝てなかった。

すべての点で真央ちゃんを上回った?ジャーナリストさん、あなたの目は節穴か。

現地記者
ロシアの影響で浅田が回転至上主義に染まったのも仕方がないことであった。

米国、カナダの影響を受けろというのか。フィギュアを育てたのはヨーロッパ。ロシアは常に一流だった。難しいジャンプに挑戦する選手を評価できない採点方法では、もはや誰も3Aに挑戦しないだろう。キム・ヨナ程度のプログラム構成で勝てるなら、フィギュアは衰退する。

連盟関係者
真央ちゃんはルッツとサルコーが跳べない。ジャンプ以前に技と技のつなぎとか表現力とか滑りの質全体がキム・ヨナより劣っている。3回転半に頼らざるを得なかったというのが実情である。1年前に代表入りが決まっていたら、じっくりジャンプの修正や表現力の体得に取り組めたと思う。

結局ジャッジの動向について最新情報を集め、どんなプログラムを組めば無理なく高得点を狙えるか、適確な判断を下せる人が連盟にいなかった。だから真央ちゃんサイドは連盟のアドバイスに背を向け、タラソワコーチの言うがままになってしまった。

城田氏の考えに近い人だね。ジャッジの動向について最新情報を集めるのが勝利の鍵だとわかっているのが救いか(笑) どこの世界も政治力が必要ということ。しかし、連盟が適確なアドバイスができたとは思えない。3Aにストップをかけ、真央ちゃんのモチベーションを下げるだけだった。高橋選手のように4回転を失敗しても、挑戦することによって本人が後悔することなく、全体の質を高めることがあるのである。

こんなノイズでしかない、足を引っ張る人ばかりが周囲にいるのが、フィギュアスケート界の現状なのである。

我が意を得たりと膝を打つ論評があった。
長くなるので、続きは日々是語草でどうぞ。
「キム・ヨナ選手の金メダルは欧米型マーケティングの典型例」

| | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

スポーツに望むのはフェアな戦い、ただそれだけ。

ここ数年のフィギュアスケート競技を巡る“八百長工作”は、すでに噂や陰謀論の類ではないことがはっきりしてしまった。

私が一番ショックだったのは、韓国に異常に気を遣う日本のテレビ局によって「真央はヨナより下手」と信じ込まされてきたことだった。オリンピックが始まる前から「ヨナの金メダルは当たり前。真央が金ならラッキー♪」と皆思っていなかっただろうか。だから、城内実議員のように「あれだけ点差がつけば、(同じ負けるにしても)気持ちがいい」という感想になる。フィギュアの競技技術や採点方法に詳しくなければ、事前の評判に左右されるのは仕方のないこと。

日本のTV局はキムヨナ選手のことを「フィギュア界の至宝」と何のてらいもなく視聴者に印象づけていた。そして私も信じた・・。

ぐやぢぃー!

違ったのだ。スケーティング技術も表現力も、すべてにおいて真央選手のほうが優れていた。ヨナ選手は長洲未来選手にも負けるような平々凡々の選手、つまり韓国とマスコミによって「仕立て上げられたフィギュアクイーン」だった。比較動画と技の比較画像を一回だけでも見れば、フィギュアスケートに詳しくなくともあっさり実力の差がわかってしまう。

では、なぜ真央選手は負けたのか。
キムヨナ選手のバブル点数について、17年にわたるフィギュアスケートファンが思いの丈を吐いている。真央潰しのインチキルール改正のこと、あからさまな八百長、審判買収、真実の実力差、ここを読めば全部わかる。

資料として残しておきたいので、長くなるけど一部抜粋させていただく。赤・太字は管理人編集。

浅田真央が戦ってきたもの・・・マスコミが決して明かすことのない真実
http://www.consadole.net/miyasaka/article/3#extended

(略)
日本の皆さんは、「浅田真央がノーミスなら当然金メダルだったはず・・・」と思っているでしょう。

違います。
浅田真央の代わりにプルシェンコが滑って、4回転ジャンプをかましても、キム・ヨナに勝つのは無理なんです。

だから浅田真央は滑る前の、気持ちの持って行き方に迷いが出たのです。
絶対勝てない、って分かってたから。

フリー種目だけを、男子と同じPCS(*女子は×1.6、男子は×2.0)で計算すると、キム・ヨナはジャンプが1回少ないにもかかわらず、ライサチェックの得点を超えます。
女子金メダル キム・ヨナ(12要素ジャンプ7回)
FS 168.00点 [TES 78.30(加点17.40) PCS *89.70]

男子金メダル ライサチェック(13要素ジャンプ8回)
FS 167.37点 [TES 84.57(加点9.64) PCS 82.80]

男子銀メダル プルシェンコ(13要素ジャンプ8回)
FS 165.51点 [TES 82.71(加点7.68) PCS 82.80]

どうしてそんな差がついたの?

ジャンプは真央の方がはるかに難しいのを完全に決めたじゃないか。キム・ヨナは10位の選手と同じジャンプしかできなかったのに。

一言でいうと、審判のおまけポイント。
気分次第で10点20点の差ができる仕様になっております。

    GOE女子             GOE男子
1位 ヨナ: 17.40        9.64 : ライサチェック
2位 真央: 8.82          7.68 : プルシェンコ
3位 ロシェ: 4.42         3.20 : 高橋
4位 長洲: 8.50          2.58 : ランビエール
5位 安藤: 5.30          3.80 : P・チャン

そして当日、韓国人審判とカナダ人審判が入っておりました。

だから

「オリンピックの試合だが、全く緊張しなかった」

などと余裕をぶちかませたのです。

色々な感情がありますが、まずは浅田真央という選手を賞賛するべきでしょう。

スキージャンプよりも酷いルール変更の連続に苦しめられて、それをたった1、2年で修正してきて、「用意された王者」を脅かす所までいったのです。

(略)

 バンクーバー五輪フリーにおけるキムヨナの得点はどのようなものか、簡単に言ってしまえば、あのプログラムから、3-3のコンビネーション+3回転を一回、すっぽぬけたとしても優勝してしまえる。そのような異常な高得点なのです。ですが、コアなファンでなければ、そんなことはわかるはずもありません。1回や2回転んでも優勝できると分かっている選手と、世界最高の技をパーフェクトに滑っても優勝できないかもしれない選手が、同じプレッシャーであるわけがありません。
 そのような、プレッシャーのない状況ですから、キムヨナがノーミスで滑れるのは、別に驚くべきことではないのです。

 フィギュアスケートは、芸術的要素を多分に含んではいますが、スポーツです。それなのに、難易度の低いプログラムをプレッシャーのない状況で滑った選手が勝ち、異常なプレッシャーの中で、それでも大技に果敢に挑戦した選手が負ける・・・。そんなことがあって許されていいのでしょうか?
 高得点が出るのはキムヨナのほうが、表現力に優れているからでは?と思われる方は、上にある画像をもう一度見ていただきたい。明らかに、浅田真央のほうが技術だけでなく表現力にも優れていることがよくわかるでしょう。

 平凡平凡と何度も書きましたが、それは浅田真央と比べたらの話であって、キムヨナに才能がないわけではありません。トップレベルであることは間違いない。ただ、浅田真央が天才すぎただけです。浅田真央が天才すぎなければ、ここまで念入りに、キムヨナを「世界最高」に仕立て上げる必要もなかったかもしれない・・・とも思います。ある意味、キムヨナも被害者かもしれないというのは、そういうところにあります。

 「仕立て上げられた世界王者」この言葉を、私はこれからもずっと忘れないでしょう。そして、浅田真央がこの四年間で何をされてきたか、そしてそれをいかにして乗り越えてきたか。それを、私はできるだけ多くの人に伝えていきたいと思っています。冒頭にも書きましたが、私はフィギュアスケートを愛しているからです。

 浅田真央は、間違いなく、もっともっと、世界的に評価されなければいけないスケーターです。私は、浅田真央とキムヨナが甲乙つけがたいと評価されるだけでも我慢がならないのです。
 どうか、この思いが、少しでも多くの人に伝わりますように。
 そして、フィギュアスケートの現状が少しでもいいから変わりますように。

キム・ヨナとあの鄭夢準氏の密接な関係?
http://www.consadole.net/miyasaka/article/4

キム・ヨナのスポンサー
キム・ヨナの得点が急激に上昇を始めたのは、現在のメインスポンサーが付いたのと時を同じくしていて、そのスポンサー様が
サッカーファンなら死ぬまでその悪名を忘れないであろう、あの鄭夢準(チョン・モンジュン)なんだもの・・・。

(略)

八百長をする精神
回転不足常習犯キム・ヨナの狙いは、「史上最高得点の金メダリスト」として引退し、「永遠のスケートクイーン」を名乗る事、らしいのです。
2010年度初戦で真央に回転不足4連発判定。内3つは明らかに足りてるループなのに。
・5輪シーズン、で真央のループを2回転含め全て潰す意図が明確になった。
キムヨナは3Fの不正は再び注意もつかなくなり、フリーでは3Fを跳ばずに世界最高得点更新。
何が足りないかって?真央には八百長をするという卑しい心が足りなかっただけ。

_____引用終わり

ブログ主さんも書くように「キムヨナも被害者」、そのとおりだと思う。
ライブ中継の解説者:アメリカのディック・バトン(超辛口の人だという)
ユナは見せかけに必死だが優雅ではない。真央は史上最強スケーターですべてが最高に美しい」 
あとフランスだったと思うが、「真央の演技は何時間も見ていたいほど素晴らしい」「真央のスケーティングは気品に溢れている」と、私と同じ感想の解説もあった。

イタリアなどもライブでユナの得点に不満を漏らし、真央を絶賛していたそうだ。プルシェンコが難易度の高いジャンプの採点方法に異議を唱えてくれたおかげで、採点方法が見直されることになった。プルシェンコが声を挙げてくれなかったら・・。この数年間、韓国ロビーを横目に日本スケート連盟は本当に選手のことを思って運営していたのだろうか。

日本と韓国だけだ、「浅田選手はよくやったけれど、キムヨナ選手は本当に素晴らしかった」と何の疑問も持たなかったのは・・。ライブで優勝者をけなすのはゲスな行為だが、それにしてもあの高得点に多少なりとも疑問を持つことはなかったのか。真央を正当に評価したのは日本と韓国以外のアメリカ・ロシア・EUだった。

日本ではマスコミのみならず、政治・司法までもが「韓国人の心情に配慮」(永住外国人地方参政権の園部判事)する国になってしまった。配慮というより利益代弁者となっているではないか。戦後、朝鮮移民の「同化政策」が最も移民の心情と利益にかなって成功した国が日本だと言わざるを得ない。

ジャンプの採点が見直されればキムヨナのクイーンの座が危ういと思ったのか、ヨナのコーチ・オーサー氏は「ヨナも3アクセルに挑戦したらいい」と単独インタビューに答えた。ヨナはその後の会見で隣のオーサーに「ホントにそう言ったの?」と確認し、「私は今のプログラムのままでやる」と答えた。真央は「(苦手の)他のジャンプは跳ぶか」と問われ、「他のジャンプもできますよ。跳びます」とあっさり答えていた。そもそも彼女に苦手なジャンプはなかったのだ。

スポンサーとマスコミによって「仕立て上げられたクイーン」は、たぶん自分の本当の実力を知らない。ヨナは「真央がソチを目指して競技を続けるなら私も続ける」と言ったが、彼女を取り巻く利害集団は「オリンピックで金メダルを取って引退」のシナリオを崩されては困るはず。今後、フェアな戦いの場にヨナを出すことはできなくなってしまった。彼女が真央クラスの難易度の高いプログラムをこなせるとは思えない。世界最高得点の上げ底が抜ける日も近いのだ。キムヨナ選手には気の毒だが、事実だから仕方ない。

3月末に控える世界選手権は今期最後の舞台である。世界選手権優勝者が「クイーン」と呼ばれるのが通例だそうだ。

ヨナが引退するにしても続けるにしても、この大会に出場しなければ、来期の韓国枠が取れなくなってしまうのだという。ニュースでは「板挟みのヨナ」とタイトルを付けられていた。本当はオリンピックで終わりにしたいのにね・・という意味だろう。大会の場所はイタリア。オリンピックでヨナに加点しまくった審判は解任されるらしいので、次回からはフェアな戦いができるのではないか?その時こそ実力のあるヨナ選手と真央選手、両者が世界のトップスケーターとして心残りのない完璧な演技ができるように応援したい。心からそう思う。

キムヨナ選手は腰痛を理由に世界選手権を花道に「引退させられる」かもしれない。今のところ韓国では有望な選手が育っていないので、来期から優勝を競う韓国人がいなくなることに正直ほっとする。日本選手を中傷されたり、2ch攻撃でF5連打テロされるのはもうまっぴらだ。加害者のくせに「金が一つも取れなくて日本は悔しいのだ。日本を許そう」(中央日報社説)なんて被害者面するとは言語道断。あぁ被害者面はいつものことか。

競技者のみならず、観戦者にとってなにより嬉しいはフェアな戦いが保証されていること。フィギュアスケートのファンの望みはフェアな舞台、ただただそれだけである。

これからが本番だ。世界大会では長洲未来選手が真央ちゃんの強敵になるだろうし、日本のジュニア選手がどんどん育ってくるだろう。中野選手は残念ながら股関節を痛めて引退するが、ミキティの演技はもっともっと見たい。

真央ちゃんの根性には頭が下がる。そして彼女の天然ぽい人柄が大好きである。これからも試練が続くと思うが、くれぐれも怪我などしないように、のびやかにすべてを乗り越えていってほしい。

かわいい真央ちゃんらしさも忘れないでね。
最後に真央ちゃん語録をどうぞ。萌え~(#^.^#)

13 :名無しさん@十周年  :2010/03/04(木) 20:55:21 ID:4TY9YQjQ0
浅田真央語録

―食べ物に関して
アナ「何が好きですか?」
真央「焼肉が好きです」
アナ「(量を)食べる方なんですか?」
真央「はい、食べる方の焼肉です」

―スケートをする上での恐怖に関して
記者「(ライバルや怪我など)怖いものはありますか?」
真央「お化けです」
記者「・・・」

―解説員からジャンプ技術について質問されて
本田「あの凄いジャンプはどうやったら飛べるの?」
真央「よいしょ って跳びます」

―伊藤ハムの“朝食を食べよう”CMの会見で
司会「今朝は何を食べてきましたか?」
真央「ホットケーキです」
司会「・・・」
真央「あ、ハムも食べました!」

―TOKIOの国分太一に対し
真央「長瀬くんに会ったことありますか?」
国分「いや、会ったことも何も、同じグループだから・・・」

―アメリカでのスケート環境について聞かれて
真央「アイ・ライク・ショッピングモール」

―世界選手権直前に足首を捻挫、全治2週間と診断されるも1週間で練習再開したことに関して
真央「自分の足は頑丈でした」

| | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

モラルなき韓国、国威発揚のためなら日本選手に毒を盛る(デマ)

以下の件、メールで教えていただきましたが、
※完全にデマだそうです。
日本選手だけ水が合わなかったんでしょうかね。

"""""""""""""""""""""""""""""""""

2006年12月、ロシア開催のフィギュアスケートグランプリファイナルで、韓国工作員が浅田真央、安藤美姫、高橋大輔の3選手に毒を盛り、キムヨナ選手はみごと逆転優勝。

毒?まさか、作り話でしょ?と思っていたが・・・。
韓国サッカー界も汚れきっていた。あの国にスポーツをする資格はない。

フリーの日、日本選手は突然体調不良になったことが報じられた。

グランプリ・ファイナル男子フリーを終え、苦しそうな表情の高橋(Photo By AP)
ttp://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20061217000_p.html(リンク切れ)

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは16日までロシアのサンクトペテルブルクで行われ、男子2選手、女子3選手が出場して期待された日本勢は男女とも優勝を逃した。

男女ショートプログラム(SP)で2位につけた高橋大輔(関大)と安藤美姫(トヨタ自動車)は、ともに風邪のような症状でフリーは力を発揮できなかった。高橋は演技が進むにつれて動きが鈍り「滑っているときにおなかが気持ち悪くなり、寒気がしてきて、やめようかと思った」。安藤も腹の具合が悪く「試合に入ったらいけるかと思ったが、震えがきてしまった」と話した。

高橋はフリー3位ながら銀メダルに踏みとどまったが、安藤はフリー最下位と崩れて5位に転落。6度跳んだ3回転ジャンプが2度しか決まらず「ふらっときそうになった。初めての経験だった」と控室で泣きじゃくったという。

女子SP1位から逆転負けした浅田真央(愛知・中京大中京高)も鼻声。本人は「風邪ではないと思う」と変調を否定したが、日本チーム関係者は「彼女は頑張るけど、ちょっと様子がおかしかった」。女子4位となった村主章枝(avex)も「体調的に良くなかった。
毎日眠れなかった」と話すなど、日本勢は謎の症状に襲われた。 (共同)

ロシア報道官の会見を読んでもらうとわかるが、当時開催候補地争いを続けていたロシアは、韓国を蹴落とすためにも徹底捜査したと思われる。韓国で冬季五輪を開催したら危ないよ、と。ロシア・ソチで開催すれば、当局は必ず選手達を守ると述べている。

やっぱりそうでしたか~ロシア検察庁、韓国工作員を逮捕
http://blog.livedoor.jp/wnmtohoku/archives/50756083.html
2007/4/1(四月バカではありません、と管理人が注意書きしてる(^_^;)

韓国工作員を逮捕
ロシア検察庁は、06年12月にロシアで開かれたフィギュアスケートグランプリファイナルで浅田真央ら日本人選手に、体調を狂わせる目的で不正に薬物を飲ませた「傷害罪」の容疑で、韓国人工作員を逮捕したと発表した。

ロシアのサンクトペテルブルグ市検察庁は、06年12月に同市で開かれたフィギュアスケートグランプリファイナル(GPF)に出場した浅田真央ら日本人選手3人に、体調を狂わせる目的でに不正に薬物を飲ませた「傷害罪」の容疑で、韓国人工作員をモスクワ市内で逮捕したと発表した(日本時間07年3月31日放送のCNNj『World Sports』)。

07年3月30日に記者会見を開いた同検察庁のボリス・ラブソフ報道官によると、逮捕されたのは韓国籍の男性、ソン・ウォンホ(宋元浩)容疑者(61 歳)。当初、駐露韓国大使館では、同容疑者を大使館付きの外交官であると主張し、外交官特権を盾に身柄の釈放を要求した。が、同検察庁は「外交官の身分を示す書類に不備がある」ことを理由に外交官特権を認めず、逮捕に踏み切った。現在、同容疑者はサンクトペテルブルグ市検察庁に拘留されているが、容疑を否認し、事件の詳細については黙秘しているという(前掲CNNj『World Sports』)。

ところが、日本ではマスメディアが報じた形跡がない。韓国でも黙殺。

韓国工作員を逮捕:週刊アカシックレコード070331
http://ameblo.jp/akashic-record/entry-10029355698.html

サンクトペテルブルグ市検察庁は「GPF直後から疑問を抱いて内偵捜査を始め、日本にも捜査員を派遣して、フィギュア関係者から事情聴取した」(ラブゾフ報道官)。「捜査上の秘密があるので、使用された薬物の名前など詳しいことは言えないが、高橋、安藤、浅田(真央)の3選手に、一時的な体調不良を起こす薬物が投与されたのは間違いない。同じホテルに宿泊していた韓国選手に被害が出なかったことから、薬物はホテル全体の給水設備に投入されたのではなく、選手個々人の昼食を狙ってひそかに混入されたと断定できる」(同報道官)と、会見では検察当局が公判維持に自信を持っていることを伺わせた(前掲CNNj『World Sports』)。

(略)

「韓国は国威発揚のためなら、どんな不正もいとわない国。02年W杯サッカー(本大会)における、韓国の(対ポルトガル、対イタリア、対スペインの)勝利はすべて、審判を買収した結果だ(対ポルトガル戦前日、02年6月13日配信の小誌の予測記事「●いまこそ『奥の手』を~審判に『期待』」 < http://www.akashic-record.com/y2002/wcup.html#04referee > も参照)。当時韓国代表監督だったヒディンクは、あまりに卑怯な工作が続くのを見て『このままでは私は欧州のサッカー界で生きて行けなくなる』と韓国サッカー協会に抗議したが、韓国側は言わば『口止め料』として契約外の、領収証なしの報酬を支払った。そこからヒディンクの不正蓄財が始まり、彼の倫理観は麻痺していった」

ラブゾフ報道官は記者会見でこう説明したあと、「ヒディンクの韓国スポーツ界に関する証言は、決定的証拠にはならなかったが、有力な状況証拠として、また捜査の端緒としておおいに役立った」とうれしそうに付け加えた(前掲CNNj『World Sports』)。

(略)

「日本のフィギュアスケート選手は、今後ロシアに来るときは、安心していい。2014年の冬季五輪開催地がロシアのソチに決まれば、わが国の司法当局は万全の警備で安藤選手や浅田選手を守る。しかし、もし韓国の平昌(ピョンチャン)で開催されることになれば、何が起こるかわらない」(前掲CNNj『World Sports』)

(略)

「もし韓国で冬季五輪が開催されて、韓国が地の利を活かして不正な方法で自国のフィギュア選手を優勝させれば、韓国はその『実績』を背景にグランプリシリーズの開催国になろうとするだろう。現在グランプリシリーズは(GPFを除いて)欧州のロシア杯、フランス杯、北米のスケートアメリカ、スケートカナダ、アジアのNHK杯、中国杯と、3大陸2か国ずつでバランスが取れているので、これに韓国が国際大会を開催して割り込むとすると、アジアでNHK杯か中国杯のどちらかを除外する必要がある。
韓国の国民性や、韓国人が柔道で国際連盟やアジア連盟の会長ポストを取ったあと日本の(福岡)国際女子柔道大会を打ち切らせた前例から見て、彼らはフィギュアで国際的な実績ができれば、中国と結託して日本を国際大会開催国の座から追い落とそうとするだろうから、日本にとっては韓国で冬季五輪が開催されないほうがいいはずだ」(前掲CNNj『World Sports』。日刊スポーツWeb九州版06年11月8日「福岡国際女子柔道が今年で最後」 < http://kyusyu.nikkansports.com/news/p-kn-tp2-20061108-114023.html > も参照)

「06年のサンクトペテルブルグで薬物を使った犯人が韓国の工作員なら、06年に韓国(済州島)で開かれたアジア柔道連盟主催のイベントで日本人の会長が急死し(て、即日、臨時総会が開かれて、韓国人の後任会長と入れ替わっ)たのも、韓国による暗殺の可能性がある」(前掲CNNj『World Sports』。小誌Web版06年6月21日「竹内義徳アジア柔道連盟会長、韓国で急死」 < http://www.akashic-record.com/y2006/cyzo.html > 、『サイゾー』06年7月号「歪んだ柔道の歴史:日韓柔道ファンの間で繰り広げられる、柔道争奪戦」 < http://www.ultracyzo.com/cyzo/backnumber2006.html > も参照)

_____以上引用終わり

◇日々是語草◇
キム選手のほうが真央選手より巧いとマスコミに信じさせられていた。(比較動画)

| | トラックバック (1)

2010年3月 3日 (水)

フィギュア、トヨタ、元を辿っていくと“反日活動”をメシの種にする韓国人に行き当たる。

たまたま日テレのニュースが流れ、「サイバー攻撃が~」とアナウンサーがしゃべり始めたので聞き入ったら、あれ?なんだか日本のネラーのほうが悪いように言われている。韓国からの攻撃は一言二言で、日本から韓国のサイトが(報復)攻撃を受けていることに時間を割いていた。ご丁寧に韓国の運営者からインタビューを取り、「現在日本からのアクセスを遮断しています」だって。オイオイ、韓国のほうが被害者かw

見つけた、そっくり同じ記事を。サーチナだ。

日韓サイバー戦争?「2ちゃんねるはダウンも大統領府は無事」-韓国

韓国の「3・1独立運動」の記念日である1日、巨大掲示板「2ちゃんねる」のサーバーが午後からダウンした。これは韓国のヘビーネットユーザーたちが、同掲示板への大規模なサイバー攻撃を行ったためとみられている。丸1日が過ぎた2日午後現在も、同掲示板はアクセスしづらい状態が続いている。

  この攻撃の発端は、バンクーバー五輪の女子フィギュアで、金メダルを獲得したキム・ヨナ選手や、先月18日にロシアで留学中だった韓国大学生集団暴行死亡事件に対する誹謗(ひぼう)・中傷が、同サイト内の掲示板に書き込まれていたためと、多くの韓国のメディアは報じている。

  韓国のニュースサイト「トゥデイコリア」は「韓国インターネットユーザーらは3・1独立運動の記念日である1日、午後1時頃から日本のインターネットサイト『2ちゃんねる』に接続し、F5キーを連続的に押す方法で、同サイト内の掲示板を数十個まひさせた。これには、韓国のネットユーザー1万人程度が攻撃に参加したとみられる」と伝えている。

  また韓国の複数のメディアによると、1日の午後6時ごろから、韓国大統領府のホームページと、韓国の領有権などを主張している『バンク(VANK)』と呼ばれる団体のホームページが、日本のネットユーザーらから攻撃を受けた。攻撃開始から約1時間にわたって、バンクのホームページにアクセスしづらくなったが、大統領府のホームページにはほとんど被害がなかったと報じている。(編集担当:李信恵・山口幸治)

誹謗中傷した2ちゃんねらーが悪いそうだ。採点方法の検証したのがまずかったのかな。韓国の2ch攻撃はサーバーをダウンさせたけれど、日本からの攻撃は被害を与えられなかった。韓国、勝ったね!(笑)
でも、ほんとに日本のネラーからの攻撃だったのだろうか。復旧してからの2chでの反応は、韓国の幼稚な攻撃を笑いの種にしているだけだった。「オレ達は民度の高さを見せよう」等々、「大人の対応」に終始していた。韓国サイトを攻撃していたのは「生粋の日本人だけど」のネトウヨなりすまし君達だったりして?

それよりF5キーでリロードしまくったのには爆笑させてもらった。サイバーテロと言うわりには原始的すぎるんじゃあるまいか。人生の貴重な時間をもっと有効に使ったほうがいいと思う。

それよりF5連打攻撃で自分ちのF5戦闘機が墜落とは、シャレにならない。墜落した山がファンビョン山って・・。不謹慎だけど、笑いをこらえきれずにごめんなさい。いろんなことが偶然すぎて怖いくらい。やはり日本人は挑発に乗って同じ土俵に上ることだけはやめたほうがいい。

35新着 :名無しさん@十周年 sage :2010/03/02(火) 23:55:34 ID:cwr+K3vb0
1.キムヨナの八百長疑惑勃発→八百長板立ったと勘違いして関係ない801板を攻撃
2.F5連打→自国のF5戦闘機墜落
3.標的は2ちゃんねる→2機墜落
4.墜落場所→平昌(韓国冬季五輪開催候補地)
5.墜落場所→ファンビョン山
6.ハングルでは2機→2台を2대、2chに見える文字表記
7.墜落したF-5戦闘機の愛称がtiger→F5アタックで落としたのが2chのtiger鯖
8.アタック先にアメリカ政府機関のサーバーが含まれていた。賠償金請求、法的措置検討
9.主犯格と目される韓国人Webデザイナー(30)逮捕
10.三一運動記念として2chアタック→maido3鯖管理会社PIE社が31バーテロとして2億2千万円損害賠償請求

韓国ネチズンは日本を攻撃したつもりが、アメリカのおうちに火を付けちゃったみたいヾ(^^;)

2ちゃんねる攻撃で米企業がFBIと法的措置検討 損害2億2千万円

ネット巨大掲示板「2ちゃんねる」が攻撃され、アクセスしづらい状況が続いた問題で、サーバーに被害を受けた米IT企業が米連邦捜査局(FBI)などと協議、攻撃に対する法的措置を検討していることが2日、分かった。韓国からの大規模なサイバーテロの可能性が高いとみられている。

 2ちゃんねるのサーバー管理会社に関係する国内IT企業のサイトによると、サーバーが置かれている米サンフランシスコのIT企業、PIE社に1日からサイバー攻撃が行われ、大規模な障害が発生した。2ちゃんねる以外のサーバー利用者にも被害が出ており、中には米政府機関に関係するサーバーも含まれていた。損害額は約250万ドル(約2億2000万円)に上るという。

 PIE社では、「韓国を含む多くのコンピューターから、かつてない深刻な攻撃を受けた。詳しい状況は現在調査中だが、FBIやサンフランシスコ市警と協議しており、法的措置も検討している」と話している。

日本人は大人しいから泣き寝入りだけど、アメリカはきっちり捜査して謝罪と賠償を求めるみたいよ。テロカフェ首謀者さん、「相手を間違えました」と言っても遅い。

キムユナの採点がおかしいことは、熱心なフィギュアスケートファンには周知のことだった。韓国のロビー活動を日本は甘く見過ぎている。

女子フィギュア決勝の前、Yahoo!知恵袋にこのような告発記事が載った。記事の趣旨を理解できるように、投稿者の補足を最初に転載する。

補足 知恵袋の趣旨に合いませんが、業界に身を置く者として真実を皆さんに知って頂くために読んで欲しいと思いました。必ずキムヨナファンから汚い言葉の抗議がありますが、別に、キムヨナ選手を卑下している訳ではありません。表現力もあるトップ選手です。しかし、日本選手は絶対にやらないバラエティ番組に出演して、他国選手を蔑んだり、馬鹿にしたり、「真央、転ろべ!」なんてブログに書く事は頂けませんね。

フィギュア女子本番前に、電通=ISUジャッチ買収.ヨナ優勝工作を再確認。treasure_cherryさん

本番で、日本3選手、特に浅田選手がクリーンでトリプルアクセルを決め、優勝すれば問題ありませんが、それをやってのけても、キムヨナが優勝した場合、買収された不正ジャッチでキムヨナ優勝という最悪シナリオ。
電通は日本第一位の広告会社ですが単独でみると世界第一位。TV局全ての大株主で、電通の意思一つで報道内容が変わります。業績の為ならどんな手段もOK。そもそも、IOC、JOC、は実質電通の子会社。
ワールドサッカーの興行権も電通。(IOCは一時期資金不足に陥りオリンピック開催が危ぶまれ賄賂が横行。そこに現在のスポンサー制資金を集めて開催するシステムを作ったのが電通。)
IOC、JOC、には多数の電通役員が送り込まれていて、実際、昨年の東京オリンピック招致で東京都の税収から150億の予算を取りながら、開催地はすでにブラジルに決まってました。(ブラジル決定3日後には、電通HPでブラジル事業内容発表。)WCブラジル開催と、ブラジルに世界3大スポーツ祭典のうち、2つを集め、某企業(N××)と組んでブラジル全土に、膨大なインターネット、携帯、のシステムインテグレーション事業を成功させるため。スポーツの為ではなく電通利益の為のシナリオです。

選手はそれぞれマネージメントカンパニーに所属しています。
浅田&安藤選手が所属するIMGに、かつてキムヨナ選手も所属。電通が作った韓国のエージェント IBスポーツに浅田選手に移籍を促しましたが浅田選手はこれを拒否。一方、キムヨナはINGに後砂を掛ける形でIBに移籍。結果、キムヨナは韓国国内で11社のCMを獲得。ここから電通がフジTV の目に余る浅田選手イジメや、買収したISUが浅田選手に不利でキムヨナ有利のジャンプ規約を発表。「とくダネ!」で小倉アナの「ヨナが上」発言。FNNスーパーニュースで、真央出演させ、わざわざ本人の前でミスして転んだ姿を大きなパネルする、キー局とは思えない19歳の女の子に、あからさまな嫌がらせ。隣り合った2つの国で、微妙な国民感情とたまたま同じ年のライバル。選手以前に、興行収入の為に操作されてしまうと言うのは納得いきません。自分を見失くことなく、一歩一歩歩き続ける浅田選手へエールを送るとともに、公正でフェアな大会になって欲しい。

電通はTV局の大株主。そもそもIOC、JOCは実質電通の子会社。

電通様のご意向に従わねばスポンサーもつかないということだ。キム選手はスポンサーがつきすぎちゃって、商品価値を高めるために保険を掛けてでも何がなんでも勝たなければならなかった。競技中に自身がイメージキャラクターをしているジュエリーメーカーのピアスを着用し、五輪憲章違反(広告宣伝活動の禁止)に引っかかるおそれも出てきた。

浅田真央ちゃんが帰国会見で「キム選手が出した歴代最高得点を自分が塗り替えたいと思います」と表明していたことに感動した。競技者としてなんと立派なのだろう。でも、あんな突拍子もない得点は、審判を全部買収でもしない限り無理だよ、真央ちゃん。

あっ!とアンテナに引っかかったのがLAタイムズのコレ

308新着 :名無しさん@十周年  :2010/03/03(水) 00:05:49 ID:mFb6MXGA0
"Under this new way of evaluating skating and expecting so much from
「この新しいスケートの採点方式において、そして、スケーターたちから多くのことを

skaters, Yuna distanced herself from the field by the overall,
期待されたユナは、彼女の優れた総合的、そして終わりのない素質によって、その

endless quality of her excellence," said 1984 Olympic champion Scott Hamilton.
(過去の偉人たちの)領域から彼女自身を突き放した」1984年のオリンピックチャンピオン スコットハミルトンはそう語った。

Hamill already thinks Kim belongs in the sport's pantheon.
ハミルは既にキムがそのスポーツ(フィギュアスケート)の殿堂に属していると考えている。

"She has jaw-dropping magnificence," Hamill said. "The height of her jumps,
「彼女は開いた口が塞がらないほどの尊厳さを持っている」ハミルはいう。ジャンプの高さ

the power, the fluid beauty of her skating are like magic, and there is also
パワー、スケーティングの流れるような美しさは魔法のようだ、そして、彼女には現代性

a modernness about her."
もある。

So she is a champion for her times.
彼女は彼女の時代のチャンピオンである。

And one for all time, as well.
そしてまた、全ての時代のチャンピオンでもある。

http://www.latimes.com/sports/olympics/la-sp-olympics-figures27-2010feb27,0,7502334.story

LAタイムズ

この歯の浮くような賛美はやりすぎではないか。
LAは韓国系の多い反日拠点。「ロスアンジェスル 従軍慰安婦」でぐぐってみればいいよ。
ロサンゼルス・タイムズが「従軍慰安婦」問題で天皇陛下による謝罪を要求してきました。 」 このように韓国人目線全開のデンパ新聞。韓国系の政治的影響力が特に強い地域である。

そして意外な事実として、今回のトヨタリコール問題にも反日LAタイムズが深く関わっている。

(ダイヤモンドオンライン)
トヨタ“推定有罪”の世論を作った
謎の人物とLAタイムズの偏向報道

~『ザ・トヨタウェイ』著者の米大物学者が語る衝撃の分析!
ジェフリー・ライカー・ミシガン大学教授 核心インタビュー

ショーン・ケインはSafety Research and Strategiesというウェブサイトを持っていて、そこにトヨタ車での負傷事故などトヨタ車の安全に関する情報ばかりを載せている。彼は、この10年で、“意図せぬ急加速”で負傷した人が2000人以上、死亡した人が約18人いると言っている。ある女性がトヨタ車を運転していたら、突然加速し始め、木にぶつかったというような情報をたくさん持っている。その集団訴訟の主要証人が彼だ。

 そしてLAタイムズの記者と一緒にメディアの力を使ってトヨタを叩いている。このLAタイムズの記者は、かなり前からトヨタの記事ばかり書いている。トヨタはこの10年で“意図せぬ急加速”のケースが20%増えたとか、市場シェアは(2010年1月実績で)14%なのに(急加速問題の)データの4割をトヨタが占めているとか書き立てている。つまり、トヨタの問題が異常に多いと主張している。

おわかりだろうか。元を辿っていくと“反日活動”に行き当たる。トヨタ問題に放火した火元はLAタイムズだった。しかし、アメリカはフェア精神をもっておかしいことはおかしいと検証もしている。在米の人達によると、アメリカ全土で見れば「あ~またやってるわ」という程度で、日本バッシングとはほど遠い問題らしい。「ほんとに日本のトップが(政治ショーに)来るとは思わなかった」と攻撃の矛先が鈍ったような雰囲気を感じる。豊田章男社長が誠実に対応したことで拍子抜けしたのではないか。もちろん悪口も書かれているが。ライカー教授が示唆するように、嵐が過ぎるのを待つしかない。

キムヨナの才能がとことん商業主義に利用されている内情が見えてきた。ブランドイメージを守るため、キムが有利になるような執拗なルール変更、結果、真央のスランプ。キムには審判の異常な加点、真央は3Aで転んでもいないのに2点もマイナスされた。韓国人の審判だったことがバンキシャの盗撮wによってバレちゃった。

これを乗り越えるには、日本も韓国の情熱を少しは見習うべきかもしれない。「自国に有利に」という卑怯な手段ではなく、ビジネスでもスポーツでもフェアな環境を作るために。

| | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

浅田真央選手、かっこいい!キム選手も素晴らしいがインフレ加点に異議あり

ツイッターにメモしたことをブログにまとめ直し。けっこう便利。ツイッターで返信を完全無視するのは心苦しいが、読んだり会話していると、ついついはまって何時間もとられてしまうので。こういう使い方もあるということでご容赦を。それでもフォロワーが増えている。ありがとう。

さて、バンクーバーオリンピックが終わった。やれやれ・・
フィギュアスケートが始まったらテレビに釘付け。真央ちゃんの演技は何度見てもすごい。飽きない。もっと見たい。労働解放の重苦しいラフマニノフ「鐘」は最初は嫌いだったけど、真央ちゃんが新境地を開き、表現力に磨きがかかるにつれて曲も好きになった。寝る時にあのメロディーが脳内リフレインされるのはちょっと参るんだけどw

「怒り」や「抑圧」をテーマに舞うスケーターは初めてではないか?真央チームが曲の変更をしようとした時、真央ちゃんが「まだこの曲で完璧に滑っていない」と言って、曲変更に反対したそうだ。ポピュラーな曲のほうが点を取りやすいのに、自分に厳しい真央ちゃんらしい。さすがだ。かっこよかった。

日本の参加選手6人が全員入賞というのも快挙である。真央ちゃんの銀、高橋選手の銅はじゅうぶんに嬉しかった。それだけオリンピックの戦いはハイレベルのものだった。欲を言えば安藤美姫選手に銅を取らせたかったなぁ。

金メダルのキム選手は完璧で優雅で力強く、すごい!としか言いようがない。素晴らしい。しかし、個人的な趣味で言えば、真央ちゃんの気品には勝てない。(ひいき目) 

キム選手の首を傾げて腰をくねらせ流し目するポーズには、吐き気を催す。エキシビジョンのキム選手の演技はエレガントで美しかったけど、やっぱり途中であの流し目をしたので、いっぺんにゲンナリ。あくまで好き嫌いの話ね。気持ち悪いものは気持ち悪い。

エキシビジョンの真央ちゃんにはほれぼれ。彼女も妖艶、色っぽい表現力が身についてきたね。伸びしろがまだまだあるので、これからも成長が楽しみだ。

演技直後のインタビューで真央ちゃんが悔し涙を流したことを、韓国の新聞は「金を取れなかったから」と書いた。彼女の成長を見てきた者には、あの涙は「ノーミスで滑ることができなかった」悔しさだとわかる。結果は後からついてくるはずと。だから真央ちゃんは総合自己最高得点が出ても喜ばなかった。彼女のストイックな姿にたまらなく惹かれる。

試合の後、真央ちゃんは4回転に挑戦したいと言っていた。フリーでのミスは「これを成功させれば9点もらえる」と雑念が入ったと冷静に分析していた。昨年はスランプでオリンピック出場さえ危ぶまれていたことを思えば、練習を積み重ねて完璧に仕上げてきた彼女の精神力に脱帽。惜しみない拍手を贈りたい。

話はここで終わらない。
キム金・真央銀の順位には何も文句はない。キム選手のコーチ、オーサー氏によると、キムは「225点」くらいで金獲得と予想していた。228点超えの世界歴代最高得点がいかに露骨なハイパーインフレ加点だったかということを検証してみると、正確に予想できたのは、全審査員の「加点」分も正確に把握していたということだ。真央ちゃんは失敗しなければ210点超えていたはずだが、いずれにしてもキム選手には勝てなかった。ハイレベルな戦いだったことは間違いない。しかし、何とも言えない腑に落ちないしこりが残ったことも事実だった。

これは本当だろうか。
トリノ五輪後に4年がかりで浅田真央がされてきたこと 笑える2ちゃんねる

32 鑢(東京都) 2010/02/24(水) 20:46:31.25 ID:ODd/zWTW
<トリノ五輪後に4年がかりで浅田真央がされてきたこと>
キムヨナがフリーで3回も使う2Aの基礎点が突如3.3→3.5点にUP。加点をつける基準が難しい3回転と同じなので、簡単な2Aの前後には工夫ができあっさり毎度3L以上の点に。
・3Lzと3Fの踏みわけが厳格化され、
真央が1試合3回使う得点源であり3回転で一番基礎点の高い技3Lzが不正扱いで使う度平均2,3点も減点。
 修正しない限り組み込めなくなる
・真央の甘かったシットスピンの認定基準も厳格化。しかし真央即座に対応し深いシットスピンに。
・実はキムヨナも3回転で2番目に基礎点の高い3Fの不正があった。
 ところが何故か
キムヨナの不正3Fだけは見逃され続け驚異の加点
 それでも真央が2008年ワールドで優勝してしまう。
・その直後、来シーズンから今度は回転不足の厳格化を発表。
 更に3Lz跳べないでる浅田に、
浅田の得意な3回転半を除いた3回転5種類を跳んだ場合のボーナスを出す情報が流れる。
・予想通り真央の3Aと3L、安藤の3L、特に二人ともセカンド3Lが怖いぐらい全く認められなくなる。
・ところがキムヨナの得意なセカンド3Tだけは決して回転不足にならず初戦のアメリカ戦で3Fがまた見逃される。
しかしVTRではっきり3Fの不正が映ってしまい、2戦目からエラーではない「!」の注意がつくも、彼女だけマイナスにならず小さいながら加点がつき続ける。
・真央が3Sを克服しLzもなんとか矯正してくる。対照的にキムヨナは3Lが跳べなくなる。
 真央が文句のつけようのない演技をしてGPF優勝。
 するといつの間にか5種類ボーナスの話しが立ち消えに。
・五輪シーズン、
8月に韓国でルール改正決定。真央の最大の得意技3Fも、蹴る足がつま先ではなくブレード全部で蹴ってるからと減点に。
 ジャパンオープンで矯正しても不正扱いされ、浅田の最後の砦3Fも減点、しかもいじっていびつになり質が悪化、ついでに3Tも減点ジャッジが登場。
2010年度初戦で真央に回転不足4連発判定。内3つは明らかに足りてるループ
 5輪シーズン、彼女のループを2回転含め全て潰す意図が明確に。
 
キムヨナは3Fの不正は再び注意もつかなくなり、フリーでは3Fを跳ばずに世界最高得点更新。

誇張が入っているとしても、真央ちゃんが不利な逆境の中で、試練を克服してきたことは記憶しておきたい。彼女は不利な採点方法であっても、それを苦手克服のための足がかりとしてきたのである。しかし、得意のジャンプが減点対象にされて悩むうちに、「跳べなくなった」と涙を流して舞姉さんに弱音を吐いたことの理由も見えてくる。週刊誌あたりはタラソワコーチのせいにしていたけれど。

4年後のソチに向けて、プルシェンコ様にコーチをお願いしたら?真央ちゃんの3Aを評価してくれたプル様は、4回転ジャンプのコーチに手を挙げてくれているようだし。プル様は独身?案外、恋が芽生えて・・なんちゃって。長洲未来ちゃんは高橋君がお気に入りのようだけどw 彼女はホントにかわいらしい。

以前、韓国のマスコミがあたかも「演技直前の練習で真央がヨナの邪魔をした」かのように報道したこともあった。日本スケート連盟が抗議しなければ、あのまま韓国民は真央を悪者にし続けたことだろう。ウォーミングアップを兼ねた練習では、ルールがあって、お互いに気をつける。衆人環視の中であえて妨害行為をするはずがない。わざわざ「邪魔された」と発言すること自体、スポーツマンらしくない行為だと言わざるを得ない。

オリンピックに臨むにあたって、キム選手は「WBCで日本に負けたから今度は勝つ」と言った。自国民に向けた力強いメッセージであったろうが、野球の仇を真央を負かすことで取るという発想に愕然とする。国際スケート連盟副会長の韓国系カナダ人もさぞ喜んだことだろう。韓国側のロビー活動もあったという。

採点方法について、こちらのブログが詳しい。

MURMUR 別館「回転不足認定に「中間点」導入の見通し」 http://ow.ly/1cMAK
キムヨナ選手も・・素晴らしかったですね。ただ、出来栄え加点(GOE)が‥ライサチェク選手の約2倍もついているのです。・・やはり妥当だとはどうしても思えません。

キムヨナ選手の「世界最高得点」の意味を考える http://ow.ly/1cNDV
昨年のフランス杯でもキム選手への露骨な大幅加点が競技への信頼を揺るがせた。ブログ主さんはこの時点でキム選手の「世界最高得点」が出ることを予測し、その後、スケート連盟による恒例の採点方法の見直しが行われ、誰も破られぬ記録になると。未来永劫、キムヨナのフィギュアクイーンの名はスケート史にとどめられるだろう、と。昨年10月に予測したとおりの結果になったわけである。 

信じたくはないけど、2/17ニューズウィーク誌では「新採点システムでは審査員の母国びいきと裏取引はむしろ悪化」しているという。

2ちゃんねるダウン 韓国からのサイバー攻撃か?
産経 http://ow.ly/1cPc9
韓国のネットユーザーが、1日の「三一節」(独立運動記念日)に2ちゃんねるへ大規模なサイバー攻撃を行う計画があると報じていた。予告メールも送られてきた。

まだつながらないね。韓国人はどうしてこういうことをするのだろう。

TVタックルで在日に地方参政権を認めないのは日本人の「差別・偏見」が根底にあるという話があったが、これは偏見か?私は以前は韓国が大好きだった。しかし、自分たちのプライドだけが満たされればいいという国民性を知れば知るほど、韓国嫌いになった。「偏見」ではなく、憤りを感じる「事実」の積み重ねをもってあの国が嫌いになったのである。

あの国に干渉されたくない。竹島を返せ。

◇日々是語草◇
「舛添勉強会」への陰湿な「いじめ」とは

| | トラックバック (1)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »