« 石川議員の元私設秘書・金沢氏が証拠隠滅を証言 | トップページ | 弁解すればするほど苦しくなる小沢幹事長。黙って聴取を受けたほうが身のため »

2010年1月16日 (土)

石川議員・池田元私設秘書逮捕!金沢氏による生々しい証拠隠滅の証言(文藝春秋・田村建雄氏)

石川議員を逮捕、小沢氏の元私設秘書も…東京地検
(2010年1月15日23時49分  読売新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、東京地検特捜部は15日夜、小沢氏の元私設秘書で同会の事務担当者だった石川知裕・衆院議員(36)と、石川容疑者の後任の事務担当者だった池田光智・元私設秘書(32)を政治資金規正法違反(虚偽記入)容疑で逮捕した。

 ◆大久保被告の逮捕状も◆

 同会の元会計責任者で小沢氏の公設第1秘書・大久保隆規被告(48)(公判中)についても同法違反容疑で逮捕状を取り、出頭を求めている。

在宅起訴だと思っていたら逮捕!しかもゼネコン関係資料の「証拠隠滅」に加担した当事者である池田光智・元私設秘書も一緒に。大久保隆規被告はまだ出頭せず。今どこに?(現在16日0時過ぎ)

特捜は逮捕に踏み切った理由として「緊急性があった」としている。情緒不安定と証拠隠滅の恐れとの理由。一昨日の金沢証言のインパクトはかなり大きかったのではないだろうか。「検察上層部とのせめぎ合い」に佐久間部長率いる特捜部の執念が勝ったと言えるのかもしれない。

翌16日土曜日は民主党大会とはね。小沢氏は欠席するのだろうか。しかし、「(ミスはあったかもしれないが)なんらやましいことはない」と言っている以上、平気な顔をして一緒に「ガンバロー」と叫んでも驚かない。

鳩山首相が石川議員逮捕を知らなかったとは考えられない。地検は事前に法務省に承諾を得ているはず。

地検はゼネコン汚職に的を絞っているようだ。テレビでは詳細に報じられないが、昨年中に証拠隠滅の上申書の証言を得て、“段ボール5箱分”の行方を追っていた。そのことは一切リークとして出てこなかったところを見ると、石川氏らの目をそらせて、地検はある程度内容の裏付けを取っているのかもしれない。金沢氏がこのタイミングで自民党の勉強会や文藝春秋に詳細に語ったのは、当然特捜部の承諾を得ていると思う。

隠蔽資料は、金沢氏によると小沢氏と親しい弁護士の元に預けたという。(松木議員の部屋に置いたのは一時的)
その中身は、主に鹿島建設と西松建設に絡む書類である。建設業界は2005年に「談合決別宣言」をしているので、それ以前の疑い。2004年不動産取得に絡む「政治資金規制法違反」は、いわゆる別件逮捕ということになる。

何度も書いているが、水谷建設は鹿島建設の下請け。下請けをどこにするかは元請けの鹿島建設の裁量なので、小沢側が鹿島に口利きをした疑いがある。下請け受注を受けた水谷側は、その謝礼として小沢側に5000万円ずつ計1億を渡した、と。

内部から洗いざらい証言が出ているのだから、石川氏らにはすべて事実を供述し、楽になってもらいたい。犯罪に加担させた小沢氏にもう義理立てすることはない。「あなたたちも被害者なのだ」と私は思う。

文藝春秋の「消えた五箱の段ボール」を読んでみた。松田賢弥氏が寄稿したと思っていたが、金沢氏に取材したのはジャーナリストの田村建雄氏だった。これが下手な小説より手に汗握るサスペンス。石川氏の私設秘書だった金沢氏は、事細かくノートに記していたという。

生々しい当事者のやりとりを少しだけ再現してみよう。(敬称略)

09年3月3日午後2時30分、石川から金沢に電話が入った。
石川「大久保さんが西松建設の献金がらみで任意で東京地検に呼ばれそうだ。(略)金沢さんも手が空いていたらすぐに上京して、手伝ってもらえませんか」

何を手伝うか、言うまでもなく陸山会事務所で「やばいもの」を隠す作業だった。金沢は北海道にいたので時間がかかり、石川氏も用事で遅れたため、地検が踏み込む前のほんの2時間半の間に証拠書類を隠蔽したのは、池田光智・元私設秘書と桶高剛・現民主党副幹事長の二人だった。桶高氏の妻は、小沢の側近中の側近、平野貞夫元参議院議員の娘である。

証拠隠しの指示をしたのは、もちろん小沢一郎本人である。証拠を隠したことを確認し、翌日小沢(当時代表)は「異例の捜査」「今おわびする理由はない」と会見したのだった。

「やばい資料」をA弁護士の元に運ぶ時の会話
桶高「段ボールの中には鹿島の資料も入っているし、西松建設なんか問題じゃないよな」 
石川「本当ですよね」
桶高「間一髪だった。あと2時間遅かったら、全部特捜部に押さえられていた。こんなものを押さえられたら、みんな逮捕だったな」
石川「やばかったですよね」
石川「西松なんて一番金額がちっちゃいんですよね」

金沢が札幌に戻る前、石川と八重洲ブックセンターに行った。A弁護士から「大久保が般若心経を読みたいそうだから差し入れするのに買ってきてくれ」と言われたので。しかし、本屋で石川は「般若心経なんか差し入れて、口を割られたら困るよね」ということで、鈴木宗男さんが検察と戦った本などを買ったという。

3月9日、再び石川から金沢に電話。
石川「東京地検が参考人聴取したいと言っている。手伝ってほしい」

この後、特捜部による石川への事情聴取は、昨年中に6回行われた。
石川が「ショックを受けた」と金沢に言っていたのは、検事に「私は参考人として聴取されるのですか、それとも容疑者としてですか」と質問すると、検事は淡々と「後者です」と断言したのだという。主に聞かれたのは、西松側からのカネの流れのようだった。

金沢が石川の私設秘書になったのは、議員になりたいという野心ゆえだった。石川の好青年という印象は、次第に崩れていったという。金沢はすべて自腹で援助していたが、石川の要求はエスカレートしていった。石川議員と袂を分かつことを決めてから、石川から「全部精算させていただきたい」と申し出があり、1700万円を支払ってもらった。

金沢氏はなぜ話す気になったのか。

「これまで、政治資金規制法上の問題については各マスコミにもお話ししました。しかし、今回お話しした経緯については事がことですし、特捜部が段ボール箱の行方を追っているという情報もあり、お話ししませんでした。しかし、そうしている間にも、小沢さんは陳情窓口を一本化するなど権力が自らに集中する仕組みを整え、桶高さんや石川を含めた142人もの議員を連れて訪中するなど、権力を拡大する一方で不安を覚えます。証言の真実性を担保するために、私が覚悟して実名告発した一連の経緯を、国会でもぜひ追及して欲しい。参考人招致などの要請があれば、いつでも国会に行く覚悟はできています」

小沢一郎は、秘書のせいにすることは許されない。自分のために尽くしてくれた者達のために、塀の中に落ちた彼らの精神を守るためにも自ら身を退き、鳩山民主党を守るのが残された道である。

鳩山首相は、国会開会前に小沢幹事長を切れ。このような不祥事に振り回されることなく、重要な予算案を国民のために徹底的に審議することが内閣としての務めではないだろうか。

◇日々是語草◇
■「小沢氏公開の「確認書」は07年の会見直前に作成」あっー、PCも隠しておけばよかったね。■中国の民主化への第一歩。■原口総務相が「新聞社の放送支配禁止」歴史は動くか。

|

« 石川議員の元私設秘書・金沢氏が証拠隠滅を証言 | トップページ | 弁解すればするほど苦しくなる小沢幹事長。黙って聴取を受けたほうが身のため »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108393/47305412

この記事へのトラックバック一覧です: 石川議員・池田元私設秘書逮捕!金沢氏による生々しい証拠隠滅の証言(文藝春秋・田村建雄氏):

« 石川議員の元私設秘書・金沢氏が証拠隠滅を証言 | トップページ | 弁解すればするほど苦しくなる小沢幹事長。黙って聴取を受けたほうが身のため »