« 弁解すればするほど苦しくなる小沢幹事長。黙って聴取を受けたほうが身のため | トップページ | 民主党の公開会社法は連合の受け売り »

2010年1月21日 (木)

地検に内通者。小沢に捜査情報を漏洩していた。(青山繁晴氏)

小沢のカネ問題を考え始めると具合悪くなるので(怒りが収まらないので(^_^;)、頭を切り換えてきょうは「企業とは何か」を書こうと思っていたんだけど、最新の青山繁晴のズバリ!を聞いたら、ビックリたまげて思考停止。

情報通の青山さんだって、ガセをつかまされて間違うことがある。感情移入が過ぎることもある。それで一時、青山筋の情報はあえて遠ざけていた。しかし、今回のは・・・(絶句)

民主党の幼稚な議員のみならず、小沢氏から幹事長職を一時的に任されている日教組の親分までもが「潔白な小沢vs.検察の横暴」「民主党vs.霞が関官僚」「民主党vs.メディア」の構図に世論操作しようとしている。輿石HPに激励のメールを送る連中を「国民の皆様」と呼ぶな。「日教組をはじめ組合の皆様」と呼んだらどうか。輿石HPなんて見たくもないわ。

鳩山首相は「検察に圧力をかける意図はない」と党内に向かって冷静さを取り戻すように発言しているが、白か黒かもわからぬうちから「私は小沢幹事長(の潔白)を信じる」とはよく言うわ。行政府の長でありながら、「検察の不当捜査」と言っているに等しい。「信じる」ことで罪を免れるなら法治国家ではない。この人の「trust me」にしても言葉の軽さは度し難い。

民主党がメディア批判をするのもおかしい。影響力のあるテレビ局は、民主党信者の御用ジャーナリストを擁し、今まで民主党にとって都合の悪いネタは封印してきた。応援してもらっているメディアの恩を忘れたか。「情報漏洩を事実であるかのように垂れ流す」とマスコミ批判を繰り返す森ゆうこに対し、自民党寄りだったみのもんたは、「報道番組で小沢氏のニュースを報じてはいけないということか」と色を成して詰め寄っていたけれど。森ゆうこは、小沢問題で検察批判している大谷昭宏(民主党大シンパ)などを称して「心あるジャーナリスト」と呼んでいた。では、小沢氏の疑惑を長年にわたって追及してきた松田賢弥氏などは「邪悪なジャーナリスト」となるのだろうか(笑)

民主党議員有志の「石川議員の逮捕を考える会」は釈放要求も辞さず。これは今まで自民党政権では「政治介入」の批判を恐れ、一度も行使しなかった。(指揮権発動は過去に一度だけあった)
同じく民主党議員の「操作情報漏洩対策チーム」は、検察とメディアへの監視を強めると。漏洩といってもすべて記者が取材したスクープであり、民主党のやろうとしていることは取材規制と言論封殺に他ならない。メディア挙げて猛反発が起こるだろう(起き始めている)。鳩山首相はこんな会は早く解散させたほうがいい。統治能力のない官邸では無理か。

民主党幼稚園の園児達の発想は、「小沢さんの悪口言っちゃダメー!」だけなのである。「民主党に不利なことを言ったら許さないからね!キーー!」。民主党議員達は、今まさに親と引き裂かれようとする子供のようにヒステリー状態なのだ。

検察にもかねてより問題は多々ある。有罪に持ち込むためのさまざまな強引な捜査や司法取引、容疑者本人の弱みにつけ込み、近親者を呼びつけて証言を取る等々、検察の存在感を見せつけて世論を巧みに誘導するやり方には疑問がある。いずれにしても、起訴された場合は裁判で決着するのが法治国家のルールである。

青山さんは、前回は「地検と小沢のチキンレース」と言っていたが、今回は「死か生か」。いよいよ両者とも崖っぷちに走り込んできた。小沢氏の政治生命が終わるのか、あるいは地検が小沢側を追及しきれず、「行き過ぎた捜査」と国民から猛バッシングを受ける結果となるのか、二つに一つである。両者が共に生き残る道はない。青山さんは「小沢氏の起訴は不可避」と言っているが…。

投稿者の yamachancosmosさん、いつもありがとう。

10.1.20.青山繁晴がズバリ!1/6
http://www.youtube.com/user/yamachancosmos#p/u/5/Nj8ez1xYlCA

yamachancosmos さんのチャンネルで1~6までどうぞ。

青山さんによると、地検の№2が小沢の内通者だった。検事総長が「まさか彼が・・」と。
小沢氏は検察の内通者を接待してきた。情報漏洩は、地検内部から小沢氏に対してなされていたのである。小沢氏は、記載ミスに自分がかかわっていたことを認めて手打ちをしようとしたが、強硬な特捜部が強制捜査に入り、シナリオが狂ったことを知る。ここまで来たら検察の真意をただし、自ら乗り込んでいって「どこまでやるつもりか」確認した上で直談判しなければならない。それで任意聴取に応じたのであった。「近々のうちに解決させる」と会合で語ったのは、そういう理由があったのである。

青山さんの解説を聞いた感想としては、小沢氏は検察上層部に圧力をかけ、直談判すれば微罪で見逃してもらえると今でも思っているのだろう。「解決させる」とは「検察上層部との取引」ではなかろうか。内通者がいることはまだバレていないと思っているはず。なにせゼネコン関連の証拠隠滅は完璧にやっている。斡旋利得罪で起訴できるわけがない、そうタカをくくっていると思われる。

何も知らぬは民主党幼稚園の園児ばかりなり。新生党時代からの子飼いの原口大臣も「情報漏洩」を理由に検察批判をしていた。彼には将来を暗示する的確な言葉がある。小沢と「一蓮托生」。

原口氏は小沢新年会に午前の部から駆けつけ、小沢氏にこう釘を刺されたという。小沢「地方参政権のこと、わかっているだろうな」、原口「わかってますわかってます」。こうして党内でも論議のある法案が議員立法ではなく政府提出法案として格上げされ、拘束力を持たせるべく原口が尽力することになった。

冷静なのは、渡部恒三氏ら7奉行。
閣僚の一人(前原大臣か?)は、私が思っていたとおりのことを言ってくれた。拍手!

小沢は民主党から去れ。汚いカネにまみれた自民党の体質を最も引き継いでいるのが小沢である。(意訳ですが)

民主党支持者の皆さん!あなた方が期待する民主党政権には「カネに汚い小沢」は似つかわしくない。小沢氏から民主党を守れ!と言いたい。

|

« 弁解すればするほど苦しくなる小沢幹事長。黙って聴取を受けたほうが身のため | トップページ | 民主党の公開会社法は連合の受け売り »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108393/47350329

この記事へのトラックバック一覧です: 地検に内通者。小沢に捜査情報を漏洩していた。(青山繁晴氏):

« 弁解すればするほど苦しくなる小沢幹事長。黙って聴取を受けたほうが身のため | トップページ | 民主党の公開会社法は連合の受け売り »