« 国立追悼施設建設も靖国神社の特殊法人化も話にならない | トップページ | 「日本政府への未払い賃金請求は困難」政府が公式見解(朝鮮日報) »

2009年8月16日 (日)

国立追悼施設建設も靖国神社の特殊法人化も話にならない(2)

総理大臣の靖国参拝について、前回の【追記】

靖国参拝の憲法解釈を削除、民主政策集 政権交代にらみ

 首相の靖国神社参拝に反対する民主党が、その理由に掲げてきた「憲法の政教分離原則への抵触」を、鳩山代表ら執行部の判断で09年版政策集から削除していたことがわかった。総選挙後の政権交代を見据え、公式参拝を条件付きで認める従来の政府の立場との整合性などをめぐる混乱を避けるためとみられる。

 民主党は01年8月、小泉首相(当時)の参拝直前、鳩山代表(同)の「次の内閣」で(1)A級戦犯合祀(ごうし)の場で過去の戦争への反省をないがしろにする(2)公式参拝は政教分離などを定める憲法20条に反する――との見解を決定。毎年作る政策集でも踏襲し、08年版では「政教分離に抵触する可能性がある」と明記した。

 しかし、先月まとめた09年版は「A級戦犯が合祀されていることから総理や閣僚の公式参拝には問題がある」にとどめ、憲法問題への言及が消えた。複数の党幹部によると、この削除は担当の内閣部門会議では議論されず、鳩山氏を含む執行部で決めたという。

 首相の靖国公式参拝をめぐり、政府は中曽根首相当時の85年、官房長官の私的諮問機関の報告を踏まえ、「戦没者追悼が目的で、本殿や社頭で一礼するような方式なら、社会通念上、憲法が禁止する宗教的活動に該当しない」と判断。現在もその見解を維持している。

 一方、首相参拝をめぐる一連の訴訟は違憲判決と憲法判断をしない判決に分かれ、司法判断は定着していない。党執行部には、民主党政権で首相が参拝しない理由として政教分離の原則論を強調し続ければ、国会やメディアでの憲法論議が政権運営の重荷になるとの判断があったという。

 党内には、戦没者追悼の場として靖国神社を尊重し、参拝を続ける幹部らもいる。民主党政権で首相参拝の違憲性まで指摘し続けることに不満の声も強く、「党内合意があるA級戦犯合祀に絞り、反対の理由を押し出すことにした」(幹部)という。

 鳩山氏もこれに沿って、最近の報道機関からの質問に対しては、首相参拝に反対する理由としてA級戦犯合祀を強調。政教分離には言及していない。

ほっほぉー。
参拝形式を本殿に上がらない略式にすれば「政教分離」に違反しないという政府見解を踏襲しているのだから、自民党総裁・総理大臣は堂々と参拝できるはずだ。

そういえば、中曽根元首相当時、靖国神社側(宮司)から「正式な参拝形式ではない」という苦言があったことを思い出した。靖国神社としては、かなり不快感をあらわにしたコメント(非公式)だったと記憶する。神道は、形から始まり形に終わる、儀式の形を疎かにしないことをもって神々に誠を捧げるのだという。天皇陛下は、祭司長として、手順を間違えないように、何度も何度もリハーサルを繰り返されているそうだ。

小泉元首相も8/15の日にちをずらしてみたり、元旦に参拝して「初詣」と申し開きしてみたり、本殿に上がらずにポケットからお賽銭をチャリーン、、とか、政争の具にされないようにいろいろ苦労していた。最後には、何をどうやっても「文句を言われる」と開き直って、8/15に正装で参拝したのであった。

反日国家の言いがかりに唯々諾々と従う、というより、反日史観そのままを血肉としているような日本国総理大臣が、この夏に選ばれようとしている。

民主党に一票を投ずれば、漏れなく社民党と国民新党がついてきますが、有権者の皆さん、それでも選択肢は民主党しかございませんか?国民新党の綿貫さんは神主だけれど、見解はいかに?

|

« 国立追悼施設建設も靖国神社の特殊法人化も話にならない | トップページ | 「日本政府への未払い賃金請求は困難」政府が公式見解(朝鮮日報) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108393/45948800

この記事へのトラックバック一覧です: 国立追悼施設建設も靖国神社の特殊法人化も話にならない(2):

« 国立追悼施設建設も靖国神社の特殊法人化も話にならない | トップページ | 「日本政府への未払い賃金請求は困難」政府が公式見解(朝鮮日報) »