« 竹中教授の公共政策論から骨太方針を読み解く | トップページ | 西川社長降ろしの陰にメディア界フィクサーの存在 »

2009年6月13日 (土)

「西川交代」の麻生・鳩弟を小泉・竹中が動いて封じ込めたそうだ

「鳩の乱」鎮圧、首相も痛手=解散時期で綱引きも(時事通信)

 日本郵政の社長人事をめぐる騒動は12日、再任阻止を叫び続けた鳩山邦夫総務相の辞任という形で終止符が打たれた。麻生太郎首相にとっては、中川昭一前財務・金融相に続く盟友の「更迭劇」。支持率が低迷する政権が受けたダメージは大きく、衆院選の時期をめぐり、与党内では「早期解散」「解散先送り」の声が交錯した。
 「あまり長引いて、話がさらに混乱しているかのごとき印象を与えるのはいかがなものかと思っています」。首相は12日午後、鳩山氏の辞表を受理した理由をこう述べると、記者団にくるりと背中を向けて立ち去った。
 ここ数日、与党内からは「時間がたてば(たつほど)わが方の支持率が落ちる」(町村信孝前官房長官)と、早期決着を求める声が広がっていた。鳩山氏の要求に沿って西川善文社長をくびにすれば、郵政民営化推進派らの反発を招き、「麻生降ろし」の動きが再燃しかねない。さりとて、首相を支える派閥横断の「太郎会」会長も務める盟友を更迭すれば、党内基盤が大きく揺らぐことになる。
 悩んだ首相が鳩山氏に示したのは、「西川氏が鳩山氏に謝罪し、続投する」という妥協案だった。しかし、12日午前、首相官邸に呼ばれた鳩山氏は「のめません」と即座に拒否。2度目の会談には辞表を懐にして官邸に向かった。
 「一番厳しい時の選対本部長を何度も務めていただいた関係で悲しく残念ですね」。首相は辞表を受け取る際、過去3回の総裁選で麻生陣営の陣頭指揮を執った鳩山氏にこう語り掛けた。
 首相の悲嘆をよそに、鳩山氏は会談後、「西川氏が謝罪すべきは国民」「今回の首相の決断は間違っている」と、記者団にまくし立てて自らの正当性を強調。「潔く散る」演出にこだわった。
 ◇「離党」への布石か
 「仲間たちと相談を続ける」。記者団から離党の意思を聞かれても、鳩山氏は否定しなかった。
 与党内では鳩山氏が「離党カード」を手にしたとの見方がもっぱらだ。「離党して新党を旗揚げする気だ」(自民党幹部)。世論を意識しつつ「正義のため」を連呼する姿勢に、政治的な野心を勘繰る声は以前から絶えなかった。
 「永遠の政界再編論者」を自任し、実兄で民主党代表の由紀夫氏とともに旧民主党を立ち上げたこともある鳩山氏。記者団を前に、「祖父鳩山一郎から正義と友愛は十分に仕込まれた」と、兄が掲げる「友愛」を口にしてみせた。自民党の笹川堯総務会長は「鳩舎から飛び出してどこの空を飛ぶのか心配している」と、鳩山氏の動きに懸念を示した。
 鳩山氏は、自身の秘書を経験した議員らと勉強会を重ねており、メンバーの戸井田徹厚生労働政務官は後を追うように辞表を提出した。ただ、鳩山氏が次の「行動」に出たとしても、同調者をどれだけ確保できるかは不透明だ。「結局、誰も付いて行かず断念するのがおち」との声もある。
 ◇早期解散論も
 一方、与党内では衆院解散・総選挙の時期をめぐって憶測が飛び交った。「麻生降ろしで東京都議選(7月12日投開票)の後は解散できなくなる」(中堅)。厚生労働省分割など度重なる迷走劇に、苦戦も指摘される都議選前に解散すべきだとの声が漏れ始めた。
 ただ、都議選を重視する公明党は「そんなことをしたら玉砕だ」(幹部)とけん制。自民党内にも、都議選前の解散を「破れかぶれ解散と同じだ」と否定的にとらえる向きは多い。今後、解散時期をめぐる綱引きが激しくなる可能性もある。(2009/06/12-23:14)

鳩山邦夫氏の秘書だった上杉氏は、「これで麻生政権崩壊」とシレッと言っておった。

首相、当初は「西川交代」…竹中・小泉コンビが封じ込め(読売新聞)

 麻生首相は当初、日本郵政の西川善文社長を交代させる意向だった。

 今年2月、首相官邸の執務室。首相は鳩山邦夫総務相と会い、日本郵政の6月の株主総会で西川社長を含む取締役を一新するよう指示した。「ポスト西川」の候補として、NTTの和田紀夫会長、生田正治・元日本郵政公社総裁、西室泰三・東京証券取引所会長らの名を記したリストも手渡し、水面下の調整をゆだねた。

 首相の意を受けた鳩山氏は5月に入り、日本郵政の取締役人事を決める指名委員会の一部委員に「首相は西川氏を代えるつもりだ」と伝え、「西川辞任」に向けた多数派工作を始めた。

 しかし、直後から巻き返しにあう。

 指名委員会は、委員長を務める牛尾治朗・ウシオ電機会長を始め、郵政民営化など、小泉元首相が進めた構造改革に積極的な財界人が名を連ねる。そうした委員を通じて鳩山氏の動きを察知したのは、構造改革の旗振り役だった竹中平蔵・元総務相だった。

 竹中氏は小泉氏に相談した。小泉氏は2005年、竹中氏を通じて西川氏と知り合い、社長就任を要請した経緯がある。すぐに指名委の委員を「西川続投」で説得して回り、首相や鳩山氏の動きを封じ込めた。

 結局、指名委は5月18日、西川氏を続投させる方針を決めた。

(2009年6月13日01時49分  読売新聞)

読売の記事を簡単に言うと
麻生・鳩山組と小泉・竹中組の指名委員会メンバーの奪い合いがあって、小泉・竹中の親しい財界人が小泉の言うことをきいた。

小泉が直接官邸に働きかけ、麻生が西川更迭を思いとどまった」というリークが以前にあったので、この記事と照らし合わせると、リークは読売サイドの取材だったことが推測できる。

麻生(鳩山総務相)、小泉(竹中)両方からの委員への説得があったのが事実として、指名委員会が「小泉元首相が進めた構造改革に積極的な財界人」だから小泉の言うことをきいたという“決めつけ”はいかがなものか。

総務省の専門家による評価額がオリックスへの売却額とかけ離れたものではなかったこと、17箱に及ぶ売却案件資料の精査で「不正は見つからなかった」ことからも、指名委員会が西川社長を交代させる理由は何もない。麻生サイドからの工作を委員会が無視した可能性もある。

鳩山総務相はなぜ不正がなかったことを国民に隠すのか。どちらが「不正義」なのか。後に第三者委員会による報告書でも「適法」とされた。
事の経緯を見守ってきた国民の目から見ると、鳩山総務相は罷免に値する。自民党から出て行け。

後任の総務相は、総務副大臣の経験のある佐藤勉・国家公安委員長に兼務させるとのこと。なり手はいくらでもいるのにまた兼務?
鳩山邦夫の「私の正しさは歴史が証明する。いや、1年以内に証明されるでしょう」という大言壮語と、後釜が国家公安委員長というところがなんとなく「麻生さん諦めてないな」と感じたのは、私の勝手なバイアスである。

|

« 竹中教授の公共政策論から骨太方針を読み解く | トップページ | 西川社長降ろしの陰にメディア界フィクサーの存在 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108393/45323026

この記事へのトラックバック一覧です: 「西川交代」の麻生・鳩弟を小泉・竹中が動いて封じ込めたそうだ:

« 竹中教授の公共政策論から骨太方針を読み解く | トップページ | 西川社長降ろしの陰にメディア界フィクサーの存在 »